稼げない起業家がもっている2つのブレーキ

 

こんにちは。

稼げない起業家専門、ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方で稼げていない方は、2つのブレーキに気づいていないことが多いです。

 

その2つとは、「心のブレーキ」と「お金のブレーキ」です。

 

せっかく、誰かの役に立ちたくて、助けたくて起業したにも関わらず、ご自身のスキルを活かしきれていないという残念な結果になっています。

 

稼げないのはなぜなのか?それを本気で考えてみると、マインドが原因になっていることがかなり多いのです。

 

マインドの中でも特に重要な2つのブレーキ。

 

この2つのブレーキを外さない限り、あなたはいつまでも稼げない起業家のままです。

 

今回は、稼げない起業家がなぜ2つのブレーキを持っているのか?また、この2つのブレーキを外すにはどうすればよいのかについてお話していこうと思います。

 

【参考記事】

高額単価商品が売れないお金のブレーキ

起業家が挫折からやり直すたった1つの解決方法

 

心のブレーキとお金のブレーキをなぜかけてしまう?

なぜ、稼げない起業家は、この2つのブレーキをかけてしまうのでしょうか?

 

まずは、この2つのブレーキとはどういうもので、なぜブレーキをかけてしまうかについて整理しておきましょう。

 

稼げない起業家が心のブレーキをかけるとき

まず、心のブレーキです。

 

これは、心に待ったをかけることですから、何かしら自分の中で、危険を回避する場合にブレーキをかけてしまいます。

 

コンフォートゾーンの話を以前しましたが、何かに挑戦しようとして時に、あなたの中に潜んでいる「潜在意識」が、そんなことやめなよとあなたにささやきます。

 

今まで居心地がよい場所にいたのに、少し変わったことに挑戦したりすると、潜在意識がまたもとの楽な状態へと戻してしまうのです。

 

【参考記事】コンフォートゾーンから抜け出せない起業家

 

人は、日常とは違うことをしようとすると、かなりのエネルギーを使います。

 

慣れないことをする場合もそうですね。

 

新しい職場に入ったばかりとか、人間関係ががらっと変わる場合もそうでしょう。

 

今までの生活が脅かされていると潜在意識が勝手に判断し、あなたを前の状態に戻そうとするのです。

 

新しい環境になじめず、すぐやめてしまったりするのもこのせいですね。

 

ですので、せっかくビジネスを始めようと決意しても、いざやろうとすると、面倒なことがたくさん起こり、「やらないほうがいいよ」と潜在意識が強引に元の場所(コンフォートゾーン)に戻してしまうのです。

 

これでは、なかなか前に進めませんね。

 

独立起業して稼ぎたいと思って起業しても、困難にぶち当たると、自分には無理と思ってしまい、その先の行動をやめてしまいます。

 

楽して稼げるわけはないので、起業しても続かず、やめていくのがオチです。

 

稼げない起業家がお金のブレーキをかけるとき

次は、お金のブレーキです。

 

潜在意識に打ち勝とうと、なんとか心のブレーキを外そうとするけれど、今度は、お金のブレーキがかかってしまいます。

 

お金のブレーキは、お金を稼ぐのは悪いこと、高額商品を売るのも悪いことだという罪悪感に苛まれてしまいブレーキをかけてしまうのです。

 

【参考記事】高額単価商品が売れないお金のブレーキ

 

それは、生まれた時から、お金は汗水流して苦労して稼ぐもの。

 

決して楽をして稼いではいけません。

 

このように脳に刷り込まれています。

 

ですから、効率よく稼ぐというのは「悪い」ことをしていると思ってしまうのです。

 

お客さんから高額な金額を受け取るわけにはいけない。

 

詐欺だと思われてしまう。

 

このような感情が生まれてくるため、高額な商品もつくれないし、ましてや売ることもできません。

 

ですが、稼ぎたいのに稼げないと嘆いているのです。

 

矛盾していますよね?

 

自分は大金を受け取ることができないのに、お金がほしいという。

 

どこかがおかしくなるのです。

 

さらに、こういう人は、ものを買うときもお金をなかなか出しません。

 

お金は、守るものと思っているのです。

 

見えないバリアでお金をしっかりと守っているのです。

 

誰もそこからお金を取り出すことはできません。

 

その人自身も出せません。

 

お金を出さないということは、あなたにお金が入ってくることもないのにです。

 

お金のブレーキがあるせいで、あなたにはお金が入ってこないことになるのです。

 

お金は天下の回りもの。

 

そのような言葉がありますが、これは、お金を出した人に出した分以上のお金が回ってくるという意味です。

 

お金を増やすには、結局お金を出さなければ増やすことはできないのです。

 

お金を増やすということは、自分が望むくらいの金額を手に入れることを指します。

 

サラリーマンの給料のように毎月一定額をもらっていても、お金は増えていないと思います。

 

毎月、出て行くだけで、残る金額はわずかですよね?

 

ここで言う毎月出て行く金額は、お金を投資するという意味ではなく、生活費ということですので、お金は増えません。

 

お金を増やすには、お金を投資しなくてはならないからです。

 

ですが、稼げない起業家は、お金を投資することができません。

 

お金のブレーキを踏んでしまうからですね。

 

心のブレーキとお金のブレーキの外し方

2つのブレーキをかけてしまう心理について整理してみました。

 

では、ここからは、それらのブレーキの外し方です。

 

どのようにすれば、心のブレーキ、お金のブレーキが外れて稼げる起業家になれるのでしょうか?

 

心のブレーキの外し方

人は不安になると、行動できなくなります。

 

行動できなくなるのは、潜在意識が行動させないようにしているといっても良いと思います。

 

不安の中、無理して前に進む必要はないのだよと潜在意識がこっちが居心地がいいよと誘ってきます。

 

自分も前の状態のほうがいいと思い、結局元に戻っていくのです。

 

結局自分には難しく面倒なことはやりたくないのです。

 

誰でもそうだと思います。

 

そこに、行動するための「理由」がなければ決して前に進むことはできないのです。

 

では、その「理由」とは何でしょうか?

 

それは、行動した先に見える未来が明確だということです。

 

確実に未来は楽しいことが待っていると分かれば、行動したくなります。

 

行動したくてたまらなくなることだってあります。

 

小学生の頃の遠足や修学旅行でも、クラスのみんなや友達と楽しく過ごせることがわかっているから、早くこないかなと待ち遠しくなるのです。

 

決して、このとき難しいとか面倒だから遠足の日は来て欲しくないとは思っていないのではないでしょうか?

 

人は、未来に楽しいことがあると分かれば、行動します。

 

痛みから逃れようとするときも行動します。

 

危険を回避するという行動ですね。

 

ですが、そういうネガティブな行動ではなく、アクティブで前向きな行動は、未来に楽しいことがあることが重要だと思います。

 

彼女と初デートするというときでもそうだと思います。

 

楽しみで仕方ないことでしょう。

 

このように、人は未来に楽しいことがあるのが分かっていれば行動するのです。

 

潜在意識も、「そっちのほうがいいね」と言ってくれるようになるのです。

 

では、ビジネスにおいて、どうすれば未来に楽しいことがあると分かるのでしょうか?

 

それは、不安を確信に変えることでわかるようになります。

 

つまり、成功者思考に書き換えて、「成功するまであきらめず行動すれば必ず成功できる」という考え方を手に入れる必要があります。

 

失敗を重ねることで成功できるということを当たり前のように感じられる思考を身につければ分かるようになります。

 

成功者は、苦難を苦難とは思わず、楽しい未来へ行くための道としか思っていません。

 

このように、心のブレーキを外すには、不安を確信に変える思考に変えるということです。

 

お金のブレーキの外し方

お金のブレーキは、なかなかやっかいです。

 

感覚的に、少しでも高額な商品を売ろうものなら、罪悪感で胸がいっぱいになってしまうからです。

 

申し訳ない。

 

単価30万円の商品を仮に売れたとしても、あなたは、クライアントから30万円を受け取ることができないかもしれません。

 

そんな大金をもらったことがないので、もらってしまったら悪い人と思われてしまうと思ってしまうからです。

 

ですが、先ほどもお伝えしたように、お金を増やすには、お金を投資する必要があるのです。

 

投資とは、株やFX、暗号通貨、不動産などだけではなく、自己研鑽のための勉強、コンサルや塾に入って学ぶためなど、それらにかけたお金があとで何倍にもなって返ってくることをいいます。

 

お金が返ってこないのは、浪費でしかありません。

 

「投資」は、かけた金額以上の額を得ることができるのです。

 

例えば、半年で月収100万円稼げるようになるコンサル費用が100万円だったとします。

 

ここで、お金のブレーキがかかってしまうと、当然、そんな高いコンサル入れるわけ無いでしょ!

 

で終わりです。

 

せっかく、未来に100万円、300万円、500万円、1000万円と稼げるようになるかもしれないのに、そのチャンスをさっさと捨ててしまいます。

 

この感覚では、いつまでも稼げるようにはなりません。

 

稼ぐということは、必ず、稼がせてくれる元があります。

 

それは、自身の勉強かもしれませんが、多くは、コンサルや塾などのメンターなどに稼ぎ方を教わって稼げるようになっているのです。

 

あなたに余程の才能がない限り、独学で月収100万円稼げるようになるのは何年かかるのでしょうか?達成する前に挫折するのが関の山だと思います。

 

このように、お金を投資することは、自分が望む金額を早くつかむことでもあります。

 

その投資する額が大きければ大きいほど、短期間で大きく稼げるようになるのです。

 

半年後100万円稼げるようになるのであれば、今の100万円は、半年後には回収できて、7ヶ月目以降は、100万円ずつお金が増えていくことになるのです。

 

1年で見れば、100万円の投資で、600万円もお金を増やすことができるのです。

 

最初に100万円投資するのが苦しいかもしれませんが、1年後には、600万円も増やすことが出来れば、誰も文句は言わないのではないでしょうか?

 

これに気づくことで、お金のブレーキは外れます。

 

これに気づかなければ、いつまでもお金のブレーキを踏み続けることでしょう。

 

いかがでしょうか?

 

心のブレーキとお金のブレーキ両方のブレーキを外さなければ、起業家として稼ぐことは難しいです。

 

逆に言えば、この2つのブレーキが外れてしまえば、一気に稼げる起業家になれると言えます。

 

そのために、私のコンサルでもまず最初にマインドを徹底的に教え込むのです。

 

この2つのブレーキ外しをしていくためにです。

 

ぜひ、あなたも心のブレーキとお金のブレーキを外せるようになって、稼げる起業家になってくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

少ないアクセスでも成約につなげるネット集客の仕組みを学ぶ

少ないアクセスでも
成約につながる
「ネット集客の仕組み」が
学べます。

12日間無料メール講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です