選ばれる起業家になるために外せない「3つ」の柱

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家の方の中には、なんで稼げないんだろう?と思っている人も多いと思います。

 

お客様が全然来ないし、ブログやSNSで集客しても、全然効果がない。

 

いったい、自分の商品は誰が必要としているのだろうか?

 

そもそも、自分は何を伝えたいんだろう・・・

 

このように、起業そのものに疑問を持ち始めている人も少なくないと思います。

 

あなたはどうでしょうか?

 

実は、こうなってしまう原因は、お客様から選ばれるための「3つの柱」のうち、いずれかが欠けている、もしくは、全て欠けているからなんです。

 

この「3つの柱」が全て揃わなければ、起業してもうまくいかないんですね。

 

では、この「3つの柱」って何なのでしょうか?

 

それを今回は、お伝えてしていこうと思います。

 

【参考記事】
起業したい人に必要な”決断力”と不要な”言い訳”
起業したい人が勘違いする2つのこと
起業したいのにできないあなたは守られている

 

選ばれる起業家になるための「3つの柱」とは

では、早速ですが、選ばれる起業家になるために外せない「3つの柱」とは何か?

 

これについてお伝えしていきましょう。

 

それは、ズバリ、この3つです。

 

「何を」×「誰に」×「どのように」

 

①何を?

②誰に?

③どのように?

 

この3つです。

 

これらの掛け算で起業がうまくいくようになります。

 

分かりますか?

 

どれかが欠ける(ゼロ)と、選ばれない(ゼロ)ことが分かると思います。

 

ですが、この公式というか、3つの柱って、見覚えないですか?

 

勘の言い方なら、ピンと来たと思います。

 

そうです!

 

ポジショニングの公式ですね。

 

誰に、何をというやつね。

 

これに、「どのように」という集客の部分がくっついて、始めて起業がうまく回りだします。

 

ということは、ポジショニングと集客が大事ってことでしょうか?

 

いやいや、そうではないですよ!

 

実は、順番にこそ、うまくいく秘密が隠されているのです。

 

①何を?

②誰に?

③どのように?

 

この順番こそが、うまくヒミツなんです。

 

でも!

 

ただ、順番通りに考えていけばいいというものでもありません。

 

じゃあ、何なの?

 

って、なってますよね?

 

①何を?

なぜ、これが1番目か?

 

「何が」というのは、つまりは、自分が提供する「商品・サービス」のことです。

 

お客様の悩みを解決するものですね。

 

これが1番目に来る理由は、自分が出来ることでしか、貢献出来ないからです。

 

「誰に?」を最初に考えてしまうと、自分が出来ないことまで、考えてしまう可能性があります。

 

女性は購買意欲が高いから、流行に敏感だから、という理由で女性をターゲットにしてしまうと、そもそも考えている商品が女性向けじゃなかった場合、当然ながら、「売れない」わけです。

 

そうではなく、自分が出来ることは何かを考えた上で、これを必要としてくれる人は、どんな人なのかを考えていかないと、そもそも、選んでもらえないということになるのです。

 

ここがズレている人が、とても多いのです。

 

その原因は、最初に「誰に?」を考えているからかもしれませんよ。

 

そして、「何を」を考えるにあたり、とても重要なことがあります。

 

単に、自分が出来ることで考えてしまうと、結局、自分のやりたいことじゃなかったということにもなりかねません。

 

これは、なぜ起きるのかというと、意識のある「顕在意識」で考えているからです。

 

本当の自分って、どんな人間なのかを知らずに、ただの思い付きや、経験などで安易に決めてしまうと、なんか違うかも?ということになりがちです。

 

そもそも、書くことが苦手なのに、Webライティングは需要がありそうだから、それをやってみようと思っても、長く続くはずないですよね?

 

会話が苦手で、それを克服したいと思い一生懸命頑張った結果、それなりに会話が出来るようになった人が、なんか違和感を感じながらも、稼げそうだからと、会話を得意にする講座なんかをやっても、うまくいくわけないのです。

 

自分にあわないことをやっても、やればやるほど、違和感を感じてくるのです。

 

自分が出来ることで起業するのは、とても重要なことではあるのですが、そもそも、なんでもいいわけではないのです。

 

自分が出来ることであっても、やればやるほど、なんかつらい、苦しいと感じるのであれば、それは、あなたには「あってない」ことなのです。

 

つまり、顕在意識では、やりたいと思っていることでも、潜在意識が、「やりたくない!」と叫んでいるのです。

 

だから、だんだんつらく、苦しくなっていくのです。

 

ですから、「何を」を考える時には、単に顕在意識だけで考えるのは危険ということですね。

 

自分のやりたいことを、潜在意識にも応援してもらえるようになってこそ、「何が」が輝き始めます。

 

②誰に?

「何が」が分かれば、あとは、それを誰が求めているのか?

 

これを調べる必要があります。

 

ただ、こちらについても、本当の自分を知ることが出来れば、自分はどういう役割をもって生まれてきたのかが分かるので、「誰に」を見つけやすくなります。

 

人には、もともと持っている才能があります。

 

その才能とは、誰かに喜んでもらうために備わっている、武器とも言えます。

 

例えば、本当の自分は争いごとを好まず「穏やかに過ごしたい」ということであれば、「穏やかに」過ごす才能があるということです。

 

そうなれば、穏やかに過ごしたいけど、過ごせない人にとっては、その人のように穏やかに過ごしたい、どうすればいいの?と、その人を求めるようになりますね。

 

しかし、本当の自分に気づかず、世の中は競争だ!という現代の流れに合わせて、それを教えることになれば、この人って、本当に競争したいの?と疑問がわいてくることでしょう。

 

なんか、言っていることとやっていることが違うと違和感を感じる場合は、往々にして、本当の自分とは違う姿を見せているものです。

 

ですので、自分を求めている人は誰なの?という視点は、本当の自分が見えたときに、力を発揮します。

 

③どのように?

「何を」、「誰に」届けるのか?

 

ここが決まれば、あとは、それをどのようにして伝えるのか?届けるのかということになります。

 

ここの部分が、いわゆる「集客」になります。

 

ですが、多くの人は、「何を」「誰に」をすっ飛ばして、いきなり、ここの「どうやって」から始めてしまうのです。

 

うまくいかない理由は、もうお分かりですよね?

 

いくら、稼ぐためには、「集客」が大事といっても、その前提となる土台(何を、誰に)がない限りは、うまくいくわけないのです。

 

そもそも、何を伝えるの?っていうことですからね。

 

ですので、①何を、②誰にが揃ってから、「③どのように」伝えるのか?

 

という順番で、3つの柱が完成していくのです。

 

起業がうまくいかない人は3つの柱をチェック

①何を

②誰に

③どのように

 

このどれかが欠けていても、起業してもうまくいきません。

 

多くの人は、③の「どのように」に妙に関心がありますね。

 

でも、もっと先の①や②が出来ていないことが原因で、お客様から選ばれないということがほとんどです。

 

まずは、「何を」「誰に」を再度見直してみてはいかがでしょうか?

 

もし、ひとりでは難しいということであれば、「タロットで起業家診断」をお勧めします。

 

本当の自分を知ることで、現状うまくいかない理由が手に取るようにわかると思いますよ。

 

起業家診断を申し込む

 

起業家診断無料説明会

 

いかがでしょうか?

 

今回は、選ばれる起業家になるために外せない「3つの柱」についてお話してきました。

 

「何を」×「誰に」×「どのように」

 

まずは、自分は本当は何をしたいのか?

 

ここから、自分を見つめなおしてみるのもいいと思いますよ。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です