「高額商品」を提供する意味とは

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

「高額商品」というと、ほとんどの人は、なぜか悪いイメージを抱きます。

 

”不当に高いモノ”

 

ネット上に溢れている「詐欺」というキーワードの根源にあるのが、この”不当に高いモノ”だから、高額商品は悪いものというイメージがついてしまっているのだと思います。

 

ですが、それらの情報を鵜呑みにしていると、いつまでも「稼ぐ」ことなんか出来ませんよ。

 

なぜならば、高額商品とは、誰かを騙すためのものではないからです。

 

むしろ、誰かを助けるためのものです。

 

いつまでも、「高額商品=悪」と思っている限り、自分はそんな悪いことはしたくないという思考になり、安く提供することこそが「善」だと勘違いし、安い商品を必死に売ることになってしまいます。

 

ですが、そもそも安い商品なので、売っても売っても、目標とする月収など稼げるわけもないのです。

 

稼げない、集客に困っている、セールスが出来ない、そんな言い訳をしている人たちは、「悪いことをしたくない」という間違った認識(マインド)でいるから、労力ばかりが増えて、収入はいっこうに増えないのです。

 

そこで今回は、「高額商品」を提供する意味とは何か?についてお話していこうと思います。

 

あなたが、起業家として稼げるようになりたいのならば、「高額商品」の本当の意味を知ることです。

 

その意味を理解できたのなら、稼ぐまでに時間はかからないでしょう。

 

【参考記事】
高額商品に抵抗のある起業家の矛盾点
稼いでいる個人起業家は高額商品を売っている
高単価・高額商品を作ることと価値との関係

 

高額商品を言い換えるなら・・・

”高額商品”というキーワードには、胡散臭さが漂いますね。

 

なぜ胡散臭いのでしょう?

 

本当に迷惑な話です。

 

稼げていない起業家のほとんどは、高額商品に悪いイメージを持っているため、積極的に高額商品を作ろうとしません。

 

安い方がお客様に喜ばれますよ!

 

という認識に立ってしまいます。

 

じゃあ、安い商品をバンバン提供して稼げるなら、それでいいのでは?

 

と思うのですが、実態は、そうではありません。

 

安い商品でさえも、「売れない」のです。

 

「低額商品=善」と思っているなら、お客様がどんどん集まってきそうです。

 

ですが、そうではないのです。

 

不思議ですね。

 

安い方が喜ばれると思い、安い商品を提供して、自分はいいことをしていると思っていても、肝心のお客様は、来てくれないのです。

 

価格とは、何なのでしょうね?

 

仮に、単価20万円の商品があったとします。

 

月収100万円を目標とするなら、毎月5人のお客様を獲得できれば達成します。

 

しかし、20万円の高額商品を売るのは悪いことだ!そんなことは出来ない!と思っている人は、せめて5万円ならできるかな?1万円ならできるかな?とどんどん価格を安くしていきます。

 

そうなると、目標は月収100万円だとしても、それを達成するのは大変だということが分かると思います。

 

単価5万円の商品なら、毎月20人、単価1万円の商品なら、毎月100人のお客様を獲得しなければ達成できません。

 

毎月5人で100万円達成するのと、20人とか100人で100万円達成するのとでは、どちらが大変か?よく分かると思います。

 

さらに、単価50万円の商品であれば、2人で達成です。

 

究極は、単価100万円の商品にすれば、1人で達成です。

 

商品の単価によって、獲得しなければならない人数が大きく変わりますね。

 

毎月1人だけを獲得できれば月収100万円達成できるのならば、とても楽ですよね?

 

月収100万円達成するために必要な人数を整理してみると、こうなります。

 

  • 単価  1万円:100人
  • 単価  5万円: 20人
  • 単価 10万円: 10人
  • 単価 20万円:  5人
  • 単価 50万円:  2人
  • 単価100万円:  1人

 

いかがですか?何か見えてきましたか?

 

そうです!

 

単価が上がれば上がるほど、獲得する人数が少ないということですね。

 

逆に、単価が下がれば下がるほど、獲得する人数が多くなるということです。

 

数字だけを見れば、それだけのことですが、実は、このことから、ある重要なことが分かってきます。

 

それは何でしょうか?

 

分かりますか?

 

分かったら、素晴らしい!

 

分かってほしい!(笑)

 

実は、「時間」という軸で見ると、とても重要なことが分かってくるのです。

 

それは、1人あたりにかけられる時間が変わってくるということです。

 

つまり、単価が上がれば上がるほど、獲得する人数が減っていきます。それは、同時に、1人あたりにかけられる時間が増えるということなのです。

 

逆に、単価が下がれば下がるほど、獲得する人数が増えますね。ということは、同時に、1人あたりにかけられる時間が減ることを意味しているのですよ。

 

時間は誰でも平等です。

 

お金持ちでも、貧乏でも、誰でも1日は24時間です。

 

ですから、1か月の時間も平等なわけです。

 

だとしたら、1か月に1人を助けるのと、100人を助ける場合を比べれば、どちらが手厚いサポートをできるのか容易に分かると思います。

 

そうです!

 

これらのことから、高額商品は、言い換えれば、「お客様に、より手厚いサポート」ができる商品ということですよ。

 

どこに、「悪」があるのでしょうか?

 

「高額商品」を提供する意味

高額商品に騙された!

 

と騒ぐ人たちは、自分にも非があることを認めません。

 

そもそも高額商品は、助ける人が決まっています。

 

高額商品は、より手厚いサポートができるものではありますが、どんな人でもというわけにはいきません。

 

「助けられる人」にだけ、手厚いサポートをするものです。

 

これを理解していないから、「助けられない人」に属するにも関わらず、騙された!と喚いているのです。

 

騙されたのは、当然の結果と言えます。

 

なぜなら、騙されたと思っている人は、その高額商品では助けられない人なのですから。

 

だからこそ、騙されたと思うよりは、自分を助けてくれる商品なのかをしっかり見極めることが大切です。

 

自分を助けてくれない商品に「助けてくれ」と言ったところで、助けてくれないですよね?

 

そこがズレているから、多くの稼げない起業家は、「騙された!」と喚いているのです。

 

選ぶべきは、「簡単、誰でも、楽に」稼げるとアピールしている塾やコンサルではないですよ。

 

「あなたを助けてくれる」塾やコンサルなのですからね。

 

ですから、高額商品は、万能な商品ではありませんし、「悪」でもありません。

 

高額商品は、困っている人を助けるためのものです。

 

そして、困っている悩み別に様々な高額商品があるということです。

 

ビジネス経験ゼロの人の悩みとビジネス経験3年の起業家の悩みは違うのです。

 

ビジネス経験ゼロの人の悩みには、ビジネス経験ゼロの人の悩みを解決する高額商品。

 

ビジネス経験3年の起業家の悩みには、ビジネス経験3年の起業家の悩みを解決する高額商品がそれぞれあるのです。

 

決して、ビジネス経験ゼロの人は、ビジネス経験3年の起業家の悩みを解決する高額商品を買わないことです。

 

なぜなら、助けてくれないからですよ。

 

つまり、悩みを解決してくれないからです。

 

ビジネス経験ゼロの人の悩みは、ビジネス経験ゼロの人の悩みを解決できる高額商品を買うべきなのです。

 

そうすることで、助けてくれるようになるのです。

 

つまりは、悩みを解決してくれるということです。

 

ですので、高額商品は、特定の深い悩みを解決するためのものと言えます。

 

だからこそ、助けられる人を助けていけるのです。

 

そして、深い悩みであればあるほど、解決するには時間がかかります。

 

その長い時間を一緒に伴走することで、お客様は、安心し、理想の未来に向けて頑張ってくれます。

 

ということは、高額商品を提供することの意味は、1人のお客様にじっくり寄り添い伴走しながら、理想の未来へ連れていくことだと私は思います。

 

1人のお客様に出来る限り長い時間一緒に寄り添って、手厚くサポートをすることができるからこそ、お客様との信頼関係も強固なものとなり、とても感謝してくれるようになるのです。

 

高額商品は、単なる悪いモノというイメージでいると、お客様との信頼関係は築きにくくなります。

 

高額商品が悪なら、なぜ、お客様は喜んでくれるのでしょうか?

 

ここは、とても重要なところですよ。

 

高額商品は、お客様を喜ばせ、幸せにするためのものだからこそ、喜んでくれているのではないでしょうか?

 

それこそが、高額商品を提供する意味と私は考えます。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、高額商品を提供する意味とは何かについてお話してきました。

 

ぜひ、1人のお客様に、じっくり、より長く寄り添えるような起業家になってくださいね。

 

このマインドは、「高額商品」を提供する意味をしっかり理解することで、身についていきますよ。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

メルマガ登録

【完全無料】1日30PV集めるだけで安定的にクライアントを獲得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です