wpXサーバーとXサーバーの違いと選ぶポイント

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

ネット集客を仕組み化するうえで欠かせないのが、「WordPress(ワードプレス)」です。

 

アメブロのような無料ブログではなく、WordPress(ワードプレス)です。

 

なぜWordPress(ワードプレス)なのかという点については、これまでにも書いてきているので、今回はその点については触れません。

アメブロやSNS集客より、なぜワードプレス集客?

 

今回は、WordPressを使うための基盤であるレンタルサーバーについてお話していこうと思います。

 

レンタルサーバーの中でも、特に利用されているwpXサーバーとXサーバーの違いについてです。

 

いつも、迷う方がいますので、どちらがいいのかも含めてお話していきます。

 

【参考記事】

WordPress(ワードプレス)の長所と短所とこだわり

ワードプレスの設置方法とカスタマイズ

ワードプレスでSEOに効果的な記事作成方法

 

wpXサーバーとXサーバーの違い

WordPressを使っている人のレンタルサーバーのうち、推奨されているのが、以下の2つです。

  • wpXサーバー
  • Xサーバー

 

この2つのサーバーは何がどう違うのでしょうか?

 

WordPressを運用するにあたり、レンタルサーバーで迷うことが多いのが、「wpXサーバー」と「Xサーバー」です。

 

この2つは、同じ会社が運用しているレンタルサーバーのため、グレードの同じサーバーにおいては、月額費用やサポートは基本的に同じです。

 

ですが、以下の点で大きく異なるのです。

 

どんな違いがあるのか?

 

ざっと挙げるとこのような違いがあります。

 

インストールできるCMS(コンテンツマネージメントシステム)

  • wpXサーバー:WordPressのみ
  • Xサーバー  :WordPress含め全て

 

CMS(コンテンツマネージメントシステム)とは、ホームページやサイトなどを作成するためのツール類の総称です。

 

ホームページやサイト、ブログを構成する記事、画像、動画などを「コンテンツ」といいます。

 

これらを管理するシステムがCMSとなります。

 

WordPressは、代表的なCMSのひとつです。

 

他には、シリウスやホームページビルダーなどがあります。

 

wpXサーバーは、WordPress以外のシリウスやホームページビルダーをインストールできないのが大きな特徴です。

 

独自ドメインの登録数

  • wpXサーバー:10個
  • Xサーバー  :無制限

 

wpXサーバーは、独自ドメインを10個までしか登録できませんが、Xサーバーは無制限となっています。

 

ディスク容量

  • wpXサーバー:30GB(S1)
  • Xサーバー  :200GB(X10)

 

カッコ内はグレードです。同じグレードですが、ディスク容量はかなり違います。

 

画像や動画などを大量に格納するような場合は、断然Xサーバーがお得です。

 

転送量

  • wpXサーバー:50GB/日
  • Xサーバー  :70GB/日

 

やはり、1日のデータが転送される量もかなり違うがありますね。

 

月額費用

  • wpXサーバー:1000円/月(初期費用:5000円)
  • Xサーバー  :1000円/月(初期費用:3000円)

 

 

メールアカウント数

  • wpXサーバー:無制限
  • Xサーバー  :無制限

 

wpXサーバーとXサーバーどちらを選択する?

ざっとwpXサーバーとXサーバーの違いを見ると、断然Xサーバーがいいように思えますが、私はwpXサーバーを推奨しています。

 

要するに、使用目的に応じて選ぶことをおすすめしますということです。

 

では、どのように選べばよいのでしょうか?

 

wpXサーバーをおすすめするケース

wpXサーバーを選択したほうが良いケースは、以下の場合です。

 

  • WordPressだけで運用する場合
  • 独自ドメインを10個も登録しない場合

 

これらを満たす場合、wpXサーバーが断然おすすめです。

 

WordPressに特化しているため、ホームページやサイト、ブログの表示速度がXサーバーに比べて圧倒的に速いという特徴があります。

 

これは、検索してきた人からすると、検索結果を早く見れるのは嬉しいですよね。

 

起業家がネット集客でWordPressを使う場合、独自ドメインを10個も使うことはまずありません。

 

ランディングページにしても、「カラフル」などのWordPress上で作れるツールも豊富なため、あえてシリウスやHTMLで作る必要もありません。

 

そのため、起業家がネット集客する上では、wpXサーバーをおすすめしているのです。

 

Xサーバーをおすすめするケース

Xサーバーをおすすめする場合は、wpXサーバーとは逆のケースになります。

 

  • WordPress以外でも運用する場合
  • 独自ドメインを10個を超えて登録する場合
  • 画像や動画を大量にディスクに保存する場合

 

この場合は、Xサーバーを選ぶしかありません。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、wpXサーバーとXサーバーの違いやケース別におすすめするサーバーについてお話してきました。

 

wpXサーバー、Xサーバーともに、WordPressは使えます。

 

ですが、ケースに応じてサーバーを選ぶことをおすすめします。

 

Xサーバーをおすすめするケース以外の場合には、wpXサーバーをおすすめしますよ。

 

WordPressに最適化されていますから。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

少ないアクセスでも成約につなげるネット集客の仕組みを学ぶ

少ないアクセスでも
成約につながる
「ネット集客の仕組み」が
学べます。

12日間無料メール講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です