40代・50代に襲い掛かるリストラの波

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

政府は、企業の定年制を現行の65歳から、70歳までに引き上げようとしているようですね。

 

いわゆる、高年齢者雇用安定法などの改正案が閣議決定したことに伴い、本格的に、70歳定年制が始まろうとしています。

 

これは、政府が年金を払いたくないための苦肉の策であることは容易に想像がつきます。

 

70歳になっても、まだまだ現役で働きたいという人には、一見、よいことに映りますが、これはかなり「やばい」自体なのですよ。

 

何が「やばい」のか?

 

それは、企業が70歳定年制を守るということは、誰かが犠牲になることを意味しているからです。

 

つまり、人件費のかかる高給取りである「40代、50代」がその標的になることを意味しているからです。

 

サラリーマンは、もう決断の時が迫っているんですよ。

 

自分の手で未来を切り開く力をつけるのか?

 

それとも、どんなに給料が下がろうが、パワハラを受けようが、我慢に我慢を重ねて、定年までずっと会社にしがみつくのか?

 

という決断をです。

 

でも、会社にしがみついても、第二の人生を謳歌するのはかなり難しいことは容易に想像がつくと思います。

 

期待している「年金」がもらえないからですよ。

 

年金自体は受給できると思いますが、毎月年金だけで、生活できるだけの額はもらえないでしょうね。

 

今でもかなり厳しいのですから。

 

そのため、老後の貯金をしようとしても、給料がどんどん下がる一方なので、土台無理ですよね?

 

おれは大丈夫だろう。

 

私は大丈夫よ。

 

なんて思っていると、とんでもない結末が待っていますよ。

 

そろそろ、覚悟を決めないといけない!

 

それが、今の40代、50代のサラリーマンがおかれている状況なのです。

 

会社にしがみつくのはいいのですが、そろそろ、今のままでは、「やばい」ということに気づくべきです。

 

なぜなら、もう、40代、50代には、容赦ない大リストラの波が襲ってくるのですから。

 

そこで、今回は、脅しでもなんでもなく、確実に訪れるであろう「40代、50代を襲う大リストラの波」に飲み込まれないようにしていただきたいという思いから、その回避する一つの方法をお伝えしていきたいと思います。

 

【参考記事】
40代・50代にこそブログ集客で起業!
40代サラリーマン・主婦へコンサル起業のススメ
令和時代に生き残る起業家になるために

 

40代、50代こそ危機意識を持とう!

おれは大丈夫!

 

私は大丈夫!!

 

と思っている人は多いですね。

 

リストラにあったなどと、世間で騒がれている人たちは、テレビの向こうの遠い国の話。

 

そんな感覚でいる呑気な40代、50代。

 

与えられた仕事をしっかりこなせば、リストラされることなんかない!

 

おれは、ちゃんと仕事も出来ているし、上司からも評価が高い。

 

そう思っているかもしれませんが、そう思っているのは、残念ながら、自分だけ。

 

周りはそこまで評価していない。

 

なんてことは、よくあります。

 

自分だけは大丈夫と思っている人は、本当に気を付けてください。

 

万が一、リストラにあったときには、ショックで立ち直れなくなりますから。

 

そして、家族を路頭に迷わせることになりますからね。

 

定年まで勤めあげれば、あとは、年金でゆっくりと第二の人生を楽しめると思っているのなら、かなりやばい状態ですよ。

 

令和時代に入った今の世の中、年金で生活できるほど、世の中はあまくないですから。

 

それに、定年まで勤めあげるという感覚は、とても危険な思考です。

 

会社が守ってくれるという古き良き時代は、とっくに終わっていますから。

 

会社は、非情なところです。

 

いらなくなれば、非情にも容赦なく切り捨てるところです。

 

会社は、利益至上主義。

 

このために、サラリーマンは、命を削っているのです。

 

今時、会社のためにという感覚は、とても危険な思考であることを認識したほうがいいですよ。

 

会社のためでなく、お客様のためにというのならまだ分かります。

 

ですが、ほとんどのサラリーマンは、「お客様のために」という感覚はないと思います。

 

あるのは、上司のため、会社のためではないでしょうか?

 

その感覚を捨てる勇気を持つことが、自分の力で未来を切り開くためには、とても重要です。

 

もっと、自分を大事にして、楽しく豊かな人生を送っていただきたいです。

 

ですので、40代、50代の人は、いつなんどきどうなってもいいように、今から力をつけていただきたい。

 

「稼ぐ力」をです。

 

これからますます、40代、50代が生きづらくなる時代です。

 

リストラされて、転職したくても簡単には出来ないのですよ。

 

本当に、路頭に迷ってしまいますよ。

 

年金なんかあてに出来ません。

 

会社もあなたを守ってくれません。

 

どうしますか?

 

ぜひ、危機意識をもってくださいね!

 

40代、50代こそ、起業のチャンス!

40代、50代に迫りくる、「大リストラの波」。

 

これが、もう目の前に押し寄せているのです。

 

来てからでは遅すぎます!

 

ぜひ、本当に来る前に、逃げれる準備をしておいてください。

 

その方法こそが、「起業」です。

 

自分の力で、世の中の人の役にたつ。

 

これからの40代、50代の人生の歩き方です。

 

この力を持てれば、大リストラだろうが、何だろうが、関係ありません。

 

すぐにでも、「了解です!」と言ってあげられるのですから。

 

40代、50代は、会社組織のなかで埋もれていては、世の中のためになりません。

 

これは、私の本音です。

 

もちろん、会社組織を引っ張っていける人は別ですよ。

 

そうではなく、万年平社員のように、くすぶっている40代、50代は、会社にかじりついて、本当に望んでいる未来を手に入れられるのでしょうか?

 

家族みんなの笑顔が見たい、幸せにしたいと思っていても、会社にしがみついている状態で、果たして、それが出来るのでしょうか?

 

お金がなくても幸せだ!

 

という人もいると思います。

 

ですが、現実的に、お金は最低限必要です。

 

人生を豊かにするためには、当然、お金はないと難しくなります。

 

人生を豊かにするには、4つの自由が必要です。

 

  1. 経済的自由
  2. 時間的自由
  3. 人間関係の自由
  4. 健康の自由

 

この4つです。

 

これらが自由になってこそ、人生を豊かに幸せに過ごすことができるのです。

 

我々には、この4つの自由を手に入れる権利があるのですよ。

 

誰にでも平等にあるのです。

 

でも、多くの人は、4つのいずれの自由も手に入れることはできないのです。

 

特に、サラリーマンでいる限りは、経済的自由と時間的自由は手に入らないでしょう。

 

これらの自由を得るためには、組織から抜け出すことです。

 

そして、自分の力で、つかむしかありません。

 

でも、その力を授けてくれる人は、ちゃんといます。

 

その人を頼り、力を身につけるのです。

 

そして、自分の力で未来を切り開けるようになったときには、4つの自由も手に入れることが出来るのです。

 

その方法こそが、「起業」です。

 

自分がこれまで培ってきた経験を活かし、誰かの役に立つ。

 

自由を手に入れ、自分も家族も、そしてお客様も、みんな幸せにする。

 

これこそが、くすぶっている40代、50代の使命だと私は思います。

 

ぜひ、そこに気づいていただきたいですね。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、40代、50代に襲い掛かるリストラの波をテーマに、早く現状が「やばい」ことに気づいてほしい、早く現状から抜け出す方法があることに気づいてほしいということをお伝えしてきました。

 

これは、大げさでもなんでもなく、現実に起こることです。

 

自分は大丈夫という考えは、危険ですよ。

 

早く、現状から抜け出す力をつける準備をしてください。

 

それが、自分を助けることになるのですから。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です