行動しても結果が出ない理由

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家たちは、クライアントを獲得するために、収入を得るために、様々なことをされていると思います。

 

でも、結果が出ない。

 

しかも、なぜ結果が出ないのか分からない・・・。

 

このように悩んでいる人も多いですね。

 

よく結果が出ない理由として、「行動していない」ということが挙げられています。

 

私も、これまで、ビジネスで成功するためには、「行動する」ことが大事ということを何度も伝えています。

 

しかし、行動しても結果が出ないという人もいるのです。

 

行動しても、行動しなくても結果が出ないのならば、いったいどうすればいいの?

 

と、絶望感に苛まれている方もいることでしょう。

 

ですが、安心してください。

 

間違いなく、行動すれば結果は出ます。

 

行動しても結果が出ないのには、きちんと明確な理由があるのです。

 

その理由を理解することで、結果を出せるようになることでしょう。

 

そこで今回は、行動しているのに結果が出ないという人に向けて、その理由についてお話していこうと思います。

 

この理由を踏まえ、どうすれば結果が出るようになるのかについてもお伝えしていきます。

 

【参考記事】

稼げない起業家がブログ集客で陥ることとは

他人と比較し劣等感を抱く起業家

起業家として「誠意」あるサポートとは何か

 

行動する・しないの違いとは

私のところに相談に来られる方で多いのが、「ブログが書けないんです」というものです。

 

「ブログを書けばいいっていうのは分かるのですが、何を書いたらいいのか分からなくて、手が止まってしまうのです。」

 

この悩み、本当に多いです。

 

本人は、ブログが書けないのを、自分が行動できないからだと思い込み、どんどん深みにはまっていきます。

 

ブログを書けないから結果を出せない。

 

行動できないからブログを書けない・・・

 

このように、深みにはまり、自分を傷つけていくのです。

 

ですが、それは、勘違いです。

 

ブログが書けないと思っている人たちは、行動しているのですよ。

 

ですので、まずは勘違いから直していきましょう。

 

そこで、行動する・しないというのはどういうことなのか?

 

まずは、これを整理しましょう。

 

行動するとは

行動するとは、一般的には、「自分が動くこと」と思われています。

 

自分が動くからこそ、結果が出る。

 

これは、すごく理屈にかなっていますね。

 

ですが、単純に自分が動くから、それが「行動する」というだけではないのです。

 

自分が動かないということも「行動する」ことなのです。

 

あるいは、動きたくても、動けないということも「行動する」ことなのです。

 

はっ??

 

ってなってますかね?

 

気持ちは分かります。笑

 

ですが、よーく見てみてください。

 

何かを感じませんか?

 

自分が動くということは、「自分の意志で動いた」わけですね?

 

では、自分は動かないということだって、「自分の意志で動かない」という行動をしたととらえることは出来ませんか?

 

そして、動きたくても動けないというのも、自分は動こうと思ったけど、何かの障害によって、「自分の意志で動かない」という行動をしたというように解釈できませんか?

 

屁理屈のように感じるかもしれませんが、実は、ここにはとても重要なことが隠されています。

 

それが「自分の意志」です。

 

自分の考え方、思考と言ってもいいかもしれません。

 

いずれにしても、行動するというのは、自分の意志があればこそです。

 

行動しないというのは、行動しないという結論に達し、行動しないという行動をとったに過ぎません。

 

なんだかややこしいですが、動いているだけが行動ではないのですよ。

 

では、行動しない行動をするならば、そもそもの「行動しない」とは何でしょうか?

 

行動しないとは

これは、とても分かりづらいと思います。

 

頭で考えていても、行動しないからダメなんだ!

 

このように一般的には、頭で考えていても、表に出さないことが「行動しない」ことだと言われています。

 

ですが、果たしてそうでしょうか?

 

私は、先ほどもお伝えしたように、自分の意志であれば、それが表に出ようと出まいと「行動している」と考えています。

 

行動しないのは、行動出来ない障壁があるがために、行動しないという「行動をしている」に過ぎないからです。

 

この場合、いくら他人がやれと言っても、行動しないという行動をするはずです。

 

これは、自分が意識していようといまいと、行動しないという「行動をしている」のです。

 

では、何が本来の「行動しない」ということなのでしょうか?

 

それは、「自分の意志ではない」ことです。

 

やれと言われたからやる、

 

根性がない、やる気がないといわれるのが悔しいからやる、

 

こうするといいよと言われたから、聞いたからやる・・・

 

ここに自分の意志はあるのか?ということです。

 

こういう他人任せの思いで動くことを「行動しない」と私は思っています。

 

こういう人たちは、失敗したときは、他人のせいにするという特徴もありますね。

 

つまり、行動しないというのは、自分の意志ではなく、他人の意志で動かされている状態のことを言っているのです。

 

行動するとは、責任をとることです。

 

行動しないとは、責任をとらないことです。

 

「”行動する”とは、自分の意志で動くこと、”行動しない”のは、他人任せで動くこと。」

 

私は、このように両者をとらえています。

 

高額塾を転々とするジプシーになっている人、ノウハウコレクターになっている人、この人たちは、自分の意志で転々としているはずです。

 

これは、誰に言われたからでもなく、自分の意志で決めたはずです。

 

多額の投資をして、いつかは稼げるようになりたいという夢をもちながら、行動しているのです。

 

ですが、いざコンサルがはじまると、出来ない、分からないという「行動できない障壁」があらわれて、行動しないという行動をしてしまうだけです。

 

そして、別な塾へ行くという行動をしているのです。

 

ブログが書けないのも、何を書いていいのか分からないという障壁が出来たために、書かないという「行動をした」に過ぎません。

 

放置することにおいても、それは自分の意志で放置したという行動をしたということですよ。

 

行動しても結果が出ないのはなぜか

行動する・しないについて、イメージはつきましたでしょうか?

 

自分の意志で動く、動かないを決めていることが「行動する」。

 

他人の意志で動く、動かないを決められていることが「行動しない」。

 

このように私は考えます。

 

ですので、ブログが書けない場合であっても、行動しているということにまずは気づいてくださいね。

 

では、なぜ行動しても結果が出ないのでしょうか?

 

行動しない行動をする理由

動こうと思っても、動けない場合、そこには目に見えない障壁があります。

 

その障壁はとてつもなく怖いものかもしれません。

 

その障壁は、自分ひとりでは乗り越えられない場合、人は動くのをやめるのだと思います。

 

それが、動きたくても動けないという状態になっていくのだと思います。

 

この場合、行動しないという行動をするため、結果が出ませんね。

 

行動しても結果が出ない理由

行動しない行動をすれば、当然結果は出ません。

 

ですが、行動する行動をしても、結果が出ない場合も多々あります。

 

それは、なぜでしょうか?

 

それは、とても単純です。

 

行き先が間違っているから結果が出ないのです。

 

東京に行きたいのに、北海道に向かっていては、いつまでたっても東京に行くことが出来ません。

 

これと同じことをしているということです。

 

この場合、いくら行動しても、結果は出ません。

 

当然ですね。

 

間違ったことを一生懸命やっても、結果が出ないのは当然なのです。

 

正しい方向で行動するからこそ、「結果が出る」のです。

 

どうすれば結果が出せるのか

間違った方向へ向かっても、結果は出ません。

 

いくら、1年、2年の時間をかけようとも稼げるようにはなりません。

 

ただただ、お金と時間を無駄にするだけです。

 

時間をかけても結果が出ないのならば、それは、行き先が間違っているということを疑ってみてください。

 

つまり、集客とは関係ない、ただの日記をブログに書いても集客には結びつかないということです。

 

日記を書くというのが行き先を間違えているということです。

 

集客に結び付ける記事を書くことが正しい方向です。

 

ですから、きちんと行き先を把握してから進むべきなのです。

 

東京に行きたいのならば、東京に向かって進むべきなのです。

 

そうすれば、必ず、東京にたどり着けますよね?

 

ブログを使ってお客様を獲得したいならば、お客様を集めるための記事の書き方ができるように進むべきなのです。

 

そうすることで、集客に結び付くわけですね。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、行動しても結果が出ない理由について、そして、どうすれば、結果を出せるようになるのかについてお話してきました。

 

正しい方向に向いて進むとき、”行動する”ことで、必ず結果は出ます。

 

行動しようと思っても、障壁が現れるのは、間違った方向に向かっているからです。

 

正しい方向で進むとき、障壁は障壁ではなくなります。

 

正しい方向を向いて進んでいるのに、結果が出ない場合は、まだその目的地についていないだけです。

 

あとは、目的地にたどり着けるように、ひたすら進むだけですよ。

 

そうすれば、必ず、目的地に着けるのですから。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

『Web集客の正しい始め方』無料メール講座

12日間無料講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です