稼ぐための思考と稼がないための思考の違い

1.マインドセット

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

「稼ぐための思考」
「稼がないための思考」

 

あなたは、どちらの思考になっていますか?

 

「そりゃあ、稼ぎたいから、『稼ぐための思考』だと思うよ!」

 

という方も多いかもしれません。

 

ですが、本当にそうでしょうか?

 

本当に、「稼ぐための思考」になっていると言えるでしょうか?

 

「なにも、わざわざ、稼がないようにするなんてことはありえないでしょ!」

 

と、反論する人もいるかもしれませんね。

 

ですが、稼げていない起業家やこれから起業を目指している人たちの9割は「稼がないための思考」になっているのですよ。

 

はあ??

 

となっているかもしれませんが、そうなのです。

 

そこで今回は、「稼ぐための思考」と「稼がないための思考」の違いについてお話していこうと思います。

 

今回のことで、あなた自身の思考を「稼ぐための思考」に書き換えるきっかけになれば幸いです。

 

【参考記事】
「お客様思考」の起業家だから稼げない
稼げない起業家が本気になれない理由
投資できない起業家たちが稼げない理由

 

「稼ぐための思考」とは

まず最初に、「稼ぐための思考」とは何かについてお話していきましょう。

 

稼ぎたいと思って、行動することが、「稼ぐための思考」なんじゃないの?

 

と思うかもしれません。

 

ですが、これは、あることを無視した見解です。

 

そのあることとは、お金の流れのことです。

 

この「お金の流れ」を理解せず、スキルやテクニックを学んでも、稼げるようにはなりません。

 

このお金の流れを理解して、効率よく稼ぐことが、「稼ぐための思考」なのです。

 

精神論で、努力しているとか、頑張っているという方はとても多いです。

 

ですが、稼ぐための道順が分かってなければ、その行動は無駄になる可能性が高いです。

 

では、お金の流れを理解するとは、どういうことか?

 

それは、「投資」という考え方を理解するということです。

 

”いくらお金をかければ、どれくらい儲かるのか?”という思考です。

 

「お金は、天下の回りもの」とはよく言ったものです。

 

実際、お金は、回って来るんですからね。

 

ですが、回って来るには、前提条件があります。

 

それは、「最初にお金を投じる」必要があるということです。

 

お金を与えるから、巡り巡って、自分のところに何倍にもなって返ってくる。

 

これが、投資の基本的な考え方です。

 

ですから、稼げている起業家は、この「投資」の考え方を理解しているからこそ、効率的に稼ぐことができているわけです。

 

例えば、AとBというコンサルがいたとします。

 

コンサルA)
・コンサル費用:100万円
・効果:1年後には、確実に月収100万円稼げるようになる

 

コンサルB)
・コンサル費用:300万円
・効果:3カ月後には、確実に月収100万円稼げるようになる

 

あなただったら、どちらのコンサルに入りたいですか?

 

この場合、「稼ぐための思考」をもっている人なら、迷わず、Bさんを選ぶことでしょう。

 

理由は、1年後の収入です。

 

Aさんは、1年後にやっと100万円稼げるようになるので、1年目は、コンサル費用の回収だけで終了し、収入は0円です。

 

ですが、Bさんなら、3カ月後には100万円稼げるようになるので、半年後にコンサル費用を回収し、残りの半年は、100万円ずつ稼げるため、1年目の収入は、600万円です。

 

果たして、どちらがいいでしょうか?

 

1年後、2年後、3年後など、未来にどれだけの収入を得られるのかを考えられるからこそ、効率的に、稼ぐことができるわけです。

 

これは、Bさんに投資することで、早く確実に稼げるようになるということが理解できないと、ほとんどの人は、Aさんに行ってしまうでしょう。

 

ですから、稼ぐための思考とは、稼ぐためにお金をどこに投じればいいのかを考えるということでもあります。

 

稼ぐための思考とは、「投資」ということですが、起業で稼ぐ場合、お金を払えば、あとは何もせず、待つだけという株式投資のようなものとは根本的に違いますので、勘違いしないようにしてください。

 

起業における「稼ぐための思考」とは、お金の他に、「時間」と「手間」も投資することですからね。

 

つまり、稼げる起業家になるためには、「お金」と「時間」と「手間」を投資することこそが重要です。

 

お金と時間、手間をかけて、自分が理想とする未来が手に入ると判断できたのなら、あとは、「稼げる」ようにお金が回ってくることでしょう。

 

ですが、このように、投資出来る人は、なかなかいませんね。

 

だから、「稼がないための思考」なのですよ。

 

「稼がないための思考」とは

稼げていない起業家や起業を目指している人は、お金を投じるという発想がほとんどありません。

 

逆に、「お金をかけない」方法を夢中になって探しまくっています。

 

稼ぐためには、投資が必要です。

 

で、投資したくないのなら、「稼がないために」頑張っていることになりませんか?

 

だから、「稼がないための思考」に9割の人がなっていると言っているのです。

 

ほとんどの人は、お金をかけず、なるべく安いコンサルなどを探し、そこで何とか稼ごうと頑張るわけです。

 

ですが、はっきり申し上げて、そういう考え方で成功した人は、いませんよ。

 

稼げない、稼げないと騒ぐ人たちは、与えるものが少ないことに気づいていないのです。

 

神社に、10円のお賽銭を入れて、年収1千万円稼げるようになりますように!

 

とお願いしても、それが現実になることは、ないですよね?

 

現実になるには、現実になるための、努力をしたからですよね?

 

努力をしないで、身銭も切らず、楽に稼ぐ方法など、どこにもありません。

 

このような思考で、稼ごうとしていること自体、起業をなめています。

 

ですから、あえて、そのような思考の人たちを、私は、「稼がないための思考」と呼んだのです。

 

稼げるわけがないのですから。

 

ですが、当の本人は、そんなことはない!と反発するかもしれませんが、行動がそうなっているのですよ。

 

毎日、ビジネス書を読みまくっても、何も変わりません。

 

安い講座やコンサルに入っても、何も変わりません。

 

それらも投資ではありますが、効率よく稼ぐための投資ではないということです。

 

10年、20年も長いスパンで起業を考えるならいいのですが、少なくとも、3年以内には、確実に安定して稼げるようになりたいと思うのなら、しっかり投資をしたほうがいいです。

 

いつまでも、稼がないための思考でいたら、夢は叶いませんよ。

 

これは、真実ですから。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、「稼ぐための思考」と「稼がないための思考」の違いについてお話してきました。

 

自分は頑張っていると言っている人は多いですが、その思考は、「稼ぐための思考」ですか?それとも、「稼がないための思考」ですか?

 

「稼がないための思考」なら、その頑張りは無駄になる可能性が高いですよ。

 

十分気を付けて頑張ってくださいね。

 

とはいえ、「稼がないための思考」から「稼ぐための思考」に変えるには、そもそも「起業家マインド」になっていかないと無理ですがね。

 

ぜひ、起業家マインドを身につけ、「稼ぐための思考」に書き換えていただきたいですね。

 

そうすることで、本当に稼げるようになるのですから。

 

これは、真実ですよ!

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。