忙しい人が時間を確保する方法

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家の方。

 

これから起業しようと考えているサラリーマンやOL、専業主婦の方。

 

作業する時間は確保できていますか?

 

稼げるようになるまでの間には、必ずしなければならないものがあります。

 

それが「作業」です。

 

どんなに、簡単、気軽に、短期間でというコピーがあったとしても、何もしなくて稼げるなんてことはありません。

 

必ず、自分自身で「作業」をしなければ、夢など実現できないのですから。

 

ですが、この「作業」は、楽しいと思う人もいれば、苦しいと思う人もいます。

 

楽しいと思う人は、どんどん進めていただければと思います。

 

逆に、苦しいと思う人は、なぜ苦しいのでしょうか?

 

理由の大半が、「面倒臭いから」だと思います。

 

今までとは違うことを無理やりやっているから、手間だし、面倒になる。

 

この思いがあるから、「苦しい」のだと思います。

 

そして、もっと突き詰めていくと、苦しいと思っている人は、「忙しい」と言っている人でもあります。

 

仕事が忙しい、育児が忙しい、家事が忙しい、つきあいが忙しい・・・

 

”忙しいから、作業が出来ない。”

 

作業が出来ないこと自体が、もどかしく苦しいのならまだいいですが、ほとんどは、その逆です。

 

”作業をする苦しみから解放されたいから、忙しいことにする。”

 

というメッセージが裏に込められています。

 

あなたはどうでしょうか?

 

よく、「時間がなくて作業できないんです。」という人がいます。

 

理由は、〇〇が忙しいからというのが圧倒的に多いです。

 

「忙しい」という言葉を出せば、許されるのかというくらい、99%の人は、「忙しい」ことを理由にします。

 

じゃあ、忙しくて、本当に時間がないのか?

 

というと、そんなことはないはずです。

 

忙しいと言っている人は、時間を作るという意識がありませんので、作業時間を確保するよりも、暇になったらやろうくらいの感覚だと思います。

 

これまでの日常の延長で作業をしようとすれば、当然時間がないのですよ。

 

これでは、いつまでも「忙しい」地獄から抜け出せませんし、稼げるようになることもありません。

 

ビジネスは甘くはないのですから。

 

そこで今回は、忙しいと言っている人がどうすれば時間を確保できるのか?その方法についてお話していこうと思います。

 

【参考記事】
起業したい人に必要な”決断力”と不要な”言い訳”
スキルが足りないから稼げないという言い訳
ブログ集客は3つの「出来ない」があると失敗する

 

「忙しい」地獄に陥っている人の特徴

とにかく、「忙しい、忙しい・・・」とぼやいている人がいます。

 

会社でもいますよね?こういう人。

 

ですが、忙しいと言っている人に限って、仕事が出来なかったりしませんか?

 

周りから見ると、可哀そうになるくらい、空回りしている人はどこにでもいます。

 

起業を目指す人の中にも、当然、常に「忙しい、忙しい・・・」とぼやいている人たちがいます。

 

課題を依頼しても、結局、「仕事が忙しくて・・・」と言って、課題が進んでいなかったりします。

 

一見、本業が忙しいのであれば、しょうがないと思われます。

 

しかし!

 

その逆です。

 

忙しいというのは、作業が出来ない理由にはならないのですよ。

 

ですから、しょうがないということはないのです。

 

”忙しいから、出来ない”というのは、時間の問題ではなく、「意識」の問題だからです。

 

いくら忙しいといっても、24時間の中のわずか10分も時間をとれないですか?

 

そんなことはないですよね?

 

どこか矛盾していると思いませんか?

 

忙しいから、作業出来ないって。

 

作業できない理由をただ言っているだけに感じませんか?

 

「忙しい」と言っている人は、それを理由に、作業をしないのですよ。

 

作業しなくて済むように、「忙しい」ことにしているだけです。

 

だから、時間の問題ではなく、意識の問題なのです。

 

つまり、忙しい地獄に陥っている人たちは、作業がやれないのではなく、「やらない」という特徴があるのです。

 

忙しい人が時間を確保するには

ですから、作業時間を確保するには、意識を変えるしかありません。

 

今のままで、自動的に時間が増えるわけではないからです。

 

時間は、誰でも平等です。

 

平等ゆえに、時間をうまく使える人と、使えない人の結果が大きな差となる悲劇が起こるのです。

 

「忙しい」と常に言っている人は、時間をうまく使えない人たちです。

 

忙しいと言えば、いかにも仕事をしているってアピールできるかもしれませんが、聞いているほうは、うんざりしていますよ。

 

気を付けてくださいね。

 

忙しくても、時間は確保できます。

 

時間を作る意識を持てればの話ですけどね。

 

先程も言ったように、自動的に、時間が増えることはないのですから、自分が時間を作らないと時間は確保できるわけもないのです。

 

「時間は自分で作る」

 

この意識こそが、忙しくても、作業時間を確保する方法です。

 

当たり前ですが、この意識がなければ、時間は作れないのですからね。

 

じゃあ、どうやって、時間をつくるという意識を持てるのでしょうか?

 

それは、1日の中の無駄な時間を見つけることから始めるしかありません。

 

通勤時間はただ寝てるか漫画を読んでいる。

 

昼休みもただ寝てるか漫画を読んでいる。

 

休憩時間は、ただぼーっとしている。

 

帰宅すれば、ひたすらテレビをつけっぱなしかゲーム。

 

あるいは、Youtubeを見まくって、ストレス解消。

 

などなど、忙しい人たちの1日のスケジュールです。(笑)

 

毎日疲れてるため、休める時は、ひたすら「寝る」。

 

睡眠が仕事の活力だから、あえて寝てるんです。

 

という人もいるかと思います。

 

何も睡眠が悪いと言いたいわけではなく、休み時間全てを使う必要はないんじゃないですか?と言いたい。

 

通勤時間は、作業にあてて、昼休みは、ひたすら睡眠という意識があれば、時間は増やせるのです。

 

それが、「時間を作る意識をもつ」ということですよ。

 

でも、多くの人は、時間を作る意識を持てないのです。

 

なぜなら、面倒だからですよ。

 

ここが根本原因です。

 

面倒くさいことを疲れているときにはやりたくないのです。

 

これが本能でしょう。

 

だから、忙しいと言って、作業が出来ない言い訳をするのです。

 

ですが!

 

そこをあえてするのです!

 

あえてする人だけが、稼げるようになるのですよ。

 

これは、真実です。

 

面倒なことをどれだけ、時間をとって、真剣に取り組めるか。

 

ここにかかっています。

 

誰も面倒なことはしたくありません。

 

でも、あえてやるからこそ、成長出来るのです。

 

稼げる起業家は、全員、時間をつくり作業をしています。

 

毎日です。

 

たとえ、1日10分しか時間がとれなかったとしても、その10分を大切に使います。

 

作業をします。

 

だから、成功するのですよ。

 

その愚直な積み重ねが、やがて、大きな成果となって自分に返ってくるのです。

 

ぜひ、そのために、時間をつくるという意識をもち、面倒と思っても、そこをあえて時間を作る。

 

この意識、マインドこそが、あなたを成功へと導くことでしょう。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、忙しい人が時間を確保する方法というテーマでお話してきました。

 

忙しい人は、まずは、時間をつくるという意識をもつことです。

 

そして、1日の中の無駄な時間を見つけることです。

 

その中から、どれくらいの時間を確保できるのか考え、10分でも20分でも、確保できるのであれば、その時間に全力投球してください。

 

それが、作業を継続的に行っていくコツでもあるのですから。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です