売れる商品をつくるために必要なこと

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

あなたは、起業家として、売れる商品をもっていますか?

 

持っているのなら、問題ないですね。

 

しかし、持っていない、あるいは、持っているけど売れないという人にとっては、今回お伝えすることが参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧下さい。

 

売れる商品と売れない商品、この両者の違い、あなたは分かりますか?

 

自分では、これなら売れるはず!と思っても、実際には売れないということはよくあることです。

 

自分では売れると思っていても、売れないのであれば、それは「売れない商品」ということになります。

 

まずは、売れる商品とは何なのか?

 

これをしっかり把握する必要がありますね。

 

そこで今回は、売れる商品とは何かをお伝えし、売れる商品を作る際に必要となることをお話していこうと思います。

 

【参考記事】

売れる商品とは何か、もつ意味とは

商品が売れない2つの根本原因とは?

売れる商品と売れない商品の決定的な差

 

売る側と買う側の「売れる商品」のズレ

売れる商品とは、文字通り売れる商品ですが、実は、売る側と買う側で認識のズレがあるように思います。

 

そのズレとは何でしょうか?

 

売る側の認識

売る側の立場に立ったとき、この商品は素晴らしい!

 

この商品なら、きっと売れる!

 

このような発想になることが多いですね。

 

この発想から生まれる商品が「売れる商品」というわけです。

 

実際に売れているかどうかではなく、売れそうだというのが「売れる商品」という認識なのです。

 

買う側の認識

一方、買う側では、いくら売る側がこの商品はいいですよと勧められても、興味がなければ、いらないわけです。

 

買う側が買いたい商品は、ほしいから買うわけですね。

 

これが、買う側の「売れる商品」なのです。

 

ですので、売る側の認識は、あくまで売る立場の目線であり、お客様である買う側にとってほしい商品かどうかは別なのです。

 

ここに、ズレがあるのです。

 

商品の3つの種類

商品は、大きく3種類に分類されます。

 

この3つの商品をきちんと把握し、本当に売れる商品とは何かを把握する必要があるのです。

 

その3つとは、何でしょうか?

 

それが、以下の3つなのです。

 

  1. 売れる商品
  2. 売りたい商品
  3. 売れない商品

 

この3つです。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

売れる商品

売れる商品とは、文字通り、お客様に「売れる」商品のことですね。

 

ですが、この売れる商品には、実は、2種類あることを知っていますか?

 

それは、

 

  • お客様が買った商品
  • お客様が買わされた商品

 

この2つです。

 

両者は大きく異なります。わかりますよね?

 

前者は、自らの意思で商品を購入した場合で、後者は、外部から圧力がかかって買わされたという場合です。

 

前者は、自らの意思で購入しているので、あまり問題になることはありませんが、後者は、売りつけられたとか、無理やり買わせられた場合がほとんどなので、問題になりやすいです。

 

先ほどの認識のズレで言うならば、前者が買う側の売れる商品で、後者が売る側の売れる商品ということになります。

 

売る側が、買う側がいらないといっているのに、無理やり売りつけてようやく売れた。

 

そんな商品のことです。

 

売りたい商品

売りたい商品とは、売る側にとっての売れる商品のことです。

 

この商品を売りたい、これならば売れる!

 

そう思っている商品のことです。

 

この商品は、あくまで売る側目線ですので、本当に売れるかどうかは分かりませんね。

 

売れない商品

そして、最後は、売れない商品です。

 

売れない商品は、実は、売れる商品にもなります。

 

その商品が必要な人に対してはですが。

 

ですが、ここが重要ですが、売れる商品も、売れない商品も、売りたい商品も、全ては、売れるようにもなり、売れなくもなるのです。

 

ここに、売れる商品の本当の意味が隠されています。

 

売れる商品をつくるために

商品は、売れる商品も、売れない商品にも、売りたい商品にもなります。

 

私のネット集客フルサポートメニューという商品も売れる商品にもなるし、売れない商品にもなるのです。

 

あるいは、売りたい商品、いらないのに売りつける商品にもなるのです。

 

同じ商品なのにです。

 

では、売れる、売れないというのは、何が違うのでしょうか?

 

売れる・売れないのはなぜなのか?

売れるとか売れないというのは、いったい何が原因なのでしょうか?

 

売れる商品を作るにあたり、とても重要なことです。

 

ネット集客フルサポートメニューというひとつの商品がありますが、この商品があるときには、売れる商品、あるときには売れない商品になるということです。

 

いったい、それを決めるのは何なのでしょうか?

 

それは、「必要かどうか」で決まります。

 

困っている人にとって、それが必要かどうかです。

 

必要であれば、売れますし、必要なければ、売れないということになるのです。

 

売れる商品をつくるために必要なこと

ですから、売れる商品をつくるには、「必要な人」を探すことがとても重要です。

 

そして、「必要な人」こそが、ターゲットというわけです。

 

その商品が必要だと思っている人に売るから、売れるわけです。

 

売れる商品になるわけなのです。

 

コーチングのスキルを身につけたいと思っている人に、集客の商品は必要ないのです。

 

この場合、ネット集客フルサポートメニューは、売れない商品になるわけです。

 

ですが、コーチングで集客できるようになりたいと思っている人にとっては、まさしく売れる商品になるのです。

 

ですから、売れる商品を作るということは、ターゲットを明確にし、その人の悩みを解決するために必要だと思えるような内容にするということなのです。

 

そして、必要な人に商品を差し出すからこそ、売れるのです。

 

集客とは、この必要な人を探すことと言えます。

 

必要な人を探すことが出来て、その人に必要とされる商品を差し出す。

 

だから、売れる商品になるのです。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、売れる商品をつくるために必要なことについてお話してきました。

 

売れる、売れない、売りたい商品は、必要とするかしないかによって変わります。

 

売れる商品をつくるには、その商品を必要とする人を探すということが何よりも必要です。

 

これができなければ、いくらいい商品だとしても、売れません。

 

必要とされないからですね。

 

ですから、必要としている人を探し、商品を差し出す。

 

これが、集客でうまくいくコツです。

 

ぜひ、売れる商品を作ってくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

『Web集客の正しい始め方』無料メール講座

12日間無料講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です