ブログ集客における導線のつくり方

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

WordPressを使ったブログ集客において、「導線」はとても大事です。

 

導線とは、成約につなげるための「道」という意味を表しています。

 

ですから、メルマガ登録してもらうための「道」、商品購入してもらうための「道」が導線ということになります。

 

ですが、ほとんどの稼げていない起業家は、この「導線」を意識していません。

 

とにかく、記事を書けばいいと思っているので、記事を書くことがブログ集客だと勘違いしているからです。

 

そもそものところで、ブログ集客の意味を分かっていません。

 

ブログ集客は、ブログ記事を書くことが目的ではなく、ブログを使った「集客」なので、集客につながらないことをしていても、意味がないということです。

 

この点を勘違いしている人が多いので、全く成約につながらない記事を量産してしまうのです。

 

そこで今回は、ブログ集客における「導線」のつくり方についてお話していこうと思います。

 

【参考記事】
起業してブログ集客を始めるときのコツ
ブログ集客ができないをなくすコツ
ブログ集客は3つの「出来ない」があると失敗する

 

ブログ集客の導線とは?

まず改めて、「導線」とは何かを整理しておきましょう。

 

WordPressを使ったブログ集客の場合、目的は2つあると思います。

 

1つは、メルマガ登録のため。

 

そして、もうひとつは、商品を購入してもらうためです。

 

われわれ個人起業家は、単発セッションのメニュー、高額商品のメニューを販売しているわけです。

 

高額商品をもっていない起業家であれば、単発セッションのメニューだけを扱っていると思いますが、単発セッションをフロントエンド商品、高額商品をバックエンド商品としている起業家も多いと思います。

 

この単発セッションメニューや、フロントエンド商品、バックエンド商品を販売することで、われわれは、稼いでいくわけですね。

 

ですから、稼ぐために、お客様を見つけ、成約してもらう必要があるのです。

 

この「お客様を見つけ、成約してもらう」ことこそが、「集客」です。

 

ブログ集客とは、”ブログを使って、お客様を見つけ、成約してもらう”ことなのです。

 

だからこそ、ブログ集客は、単なる記事の量産では意味がないというのが分かると思います。

 

ブログ集客は、成約してもらうために、成約してもらえるような流れを作らなければならないのです。

 

この流れこそが、「導線」なのです。

 

ブログ集客の導線のつくり方

では、この「導線」はどのようにすれば作れるのでしょうか?

 

ブログ記事は、ただ増やしていっても、それが成約につながらないものであれば、意味がありません。

 

ではどうするのか?

 

というときに、思い出していただきたいことがあります。

 

それは、「見込み客を呼び込む」ということです。
見込み客を呼び込むキーワードで記事を書く

 

ブログ集客の導線のはじまりは、ここからだからです。

 

では、具体的にどのような手順になるのかをおつたえしていきましょう。

 

  1. 成約につながるキーワードを選定する
  2. 成約につながるキーワードで記事を書く
  3. メルマガ登録または商品購入へ誘導する

 

成約につながるキーワードを選定する

導線は、目的を達成させるための流れのことです。

 

ですから、この流れを作るためには、上流から下流へ流れるように、作っていきます。

 

下流から上流へは流れません。

 

あくまで、上流から下流へと流れるからこそ、スムーズに流れるわけですよね?

 

その上流が、「成約につながるキーワード」を選定することです。

 

成約につながるキーワードで検索する人は、買う気満々の人か、気になるところが解決すれば買いたいという人です。

 

例えば、「起業コンサル 価格」というキーワードで検索する人で考えたとき、この人は、起業を目指している人で、コンサルを受けたいという気持ちがある可能性が高い状態といえますね。

 

ですから、コンサルの価格ってどれくらいなのかを調べたいということだと思います。

 

そこで、自分が許容できる範囲内のコンサルが見つかれば、まずは体験セッションを受けてみようかなという気になると思いませんか?

 

これは、上流である「成約につながるキーワード」が、この人を呼び込んだと言えるのです。

 

参考までに、「起業コンサル 詐欺」というキーワードは、成約につながるでしょうか?

 

商品の内容次第ではありますが、成約にはつながりにくいキーワードですね。

 

なぜなら、検索している人は、起業しようと思っているけど、ネットのうわさを見て、コンサルって詐欺なのかどうなのかを確かめたいという状態だと思うからです。

 

この場合は、調べて終わりなのですよ。

 

いい情報をありがとう!で終わってしまうということです。

 

そのために、「調べて終わり」というキーワードで記事を書くと、なかなか成約につながらないということが起こってしまいます。

 

だからこそ、どんなキーワードが成約につながるのかをしっかりと選定することが大事なのです。

 

成約につながるキーワードで記事を書く

成約につながるキーワードを選定したあとは、そのキーワードで記事を書きます。

 

もちろん、選定しただけでは、何も生まれないからですね。

 

ですので、成約につながるキーワードを選定したら、そのキーワードで記事を書いていきます。

 

「起業コンサル 価格」というキーワードを選定したなら、自分の商品の価格を伝える記事を書いていくということです。

 

メルマガ登録または商品購入へ誘導する

そして、目的を達成させるために、メルマガ登録用ランディングページや商品ページへ誘導していきます。

 

これは、成約につながるキーワードから来てくれた見込み客なら、スムーズに誘導されていきます。

 

なぜなら、そもそもそれが目的だからですね。

 

これが、上流から下流へとスムーズに流れる「導線」をつくるということなのです。

 

ちなみに、この誘導に使われる仕組みとして、「CTA(コールトゥーアクション)」というものがあります。

 

これは記事下に、自動でリンク機能を追加してくれるものです。

 

記事を読み終えたあと、”メルマガ登録はコチラ”とか”商品ページはコチラ”のようなボタンやバナーを見たときがあると思います。

 

これによって、メルマガ登録してくれたり、商品購入してくれたりするようになるのです。

 

つまり、誘導されていくということですね。

 

これは、記事を読み終えたタイミングが一番気持ちが高揚しているときなので、熱いうちに、行動してもらうために、CTAという仕組みがあるのです。

 

CTAは、ワードプレスのテーマごとで異なりますが、だいたい標準機能として実装されています。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、ブログ集客の導線のつくり方というテーマでお話してきました。

 

ブログ集客は、メルマガ登録、商品購入が目的です。

 

これ以外にはありません。

 

だからこそ、「成約につながる導線」を意識して集客の仕組みを構築しないと、ただの「いいブログ」で終わってしまいます。

 

そうならないためにも、「導線」を意識したブログ集客を取り入れるようにしてください。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です