ブログで何を伝えるか明確になっているか

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

ブログ集客において、何を伝えるのか明確になっていることはとても重要です。

 

ブログが書けない、ネタが思いつかない、記事を書くのが苦痛だというほとんど人は、ブログで何を伝えたいのか分かっていません。

 

だから、ブログを書くことがとても辛い作業になってしまっているのです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

そこで今回は、ブログ集客において、ブログで何を伝えるのかが明確になっていないとそもそも来て欲しい人に来てもらえませんよということについてお話していこうと思います。

 

【参考記事】

ブログ集客のコツは独自視点で記事を書くこと

ブログを書いてもその努力は報われない理由

ブログ集客ができないをなくすコツ

 

ブログは何を伝えるものなのか

あなたは、ご自分のブログで何を伝えたいのかが明確になっていますでしょうか?

 

なっていると自信をもって言えるなら問題はありません。

 

しかし、「えっ!?」となっているなら要注意です。

 

ただ闇雲に記事を量産している危険がありますよ。

 

ブログで伝えるべきこととは何か

稼げない起業家の方々は、ポジショニングも決めずに、いきなりブログを書き始める人が多いです。

 

しかも、ブログのテーマも曖昧なまま進めてしまうケースも多々見受けられます。

 

これでは、いつまでもブログから見込み客を呼び込むことは出来ません。

 

そして、こういうことをしている人に限って、ブログ作業が辛く苦痛なものになっていることが非常に多いのです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

実は、ブログで伝えるべきものは、最初から決まっているのです。

 

ポジショニングをしっかり決めた人に限ってですが・・・。

 

起業家として、誰を助けるのか、そして、どんなことをしてあげるのか?

 

これを決めるのがポジショニングです。

 

このポジショニングが決まっていれば、ブログで伝えるべきものも自ずと決まってくるものなのです。

 

つまり、助けたい人が困っていること、悩んでいること、知りたいことを教えてあげるだけですね。

 

伝えるべきものとは、ターゲットに役に立つ情報ということです。

 

伝えるものがないと嘆く起業家への対処法

ブログで伝えるものとは、ターゲットに役立つ情報です。

 

これ以外にありません。

 

ターゲットとは、あなたが助けたい人のことですね。

 

あなたが助けたいと思っている人以外に向けて情報を伝えても、響かないからです。

 

むしろ余計な情報と言えます。

 

ですが、このことを知らない稼げない起業家は、闇雲に、どうでもいい情報を一生懸命伝えてしまいます。

 

これでは、来て欲しい人には来てもらえません。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

何を伝えたらいいのか分からないと嘆く起業家の方々への対処法はあるのでしょうか?

 

実は、このことは、とても簡単に対処できるのです。

 

でも、訓練が必要となってきます。

 

それは何かと言うと、「ポジショニング」を明確にするということです。

 

自分はいったい誰に向けてブログを書いているのか分からないというのが、そもそもの原因ですから、「誰を」明確にしない限り解決出来ません。

 

また、誰に向けて発信するかが明確であっても、何を伝えたらいいのか分からないという人もいるかもしれません。

 

こういう場合は、ターゲットの悩みを知る以外に解決の方法はありません。

 

つまり、まとめると、自分は誰を助けたいのかを明確にし、その誰かの悩みを調べる。

 

悩みや知りたいこと、困っていることをしっかり調査すれば、その解決方法を記事にすればいいだけなのです。

 

ですが、これには訓練が必要なのです。

 

ターゲットは、どんなことで困っているのか、どうしたいのか、どうなりたいのか?

 

これを調べていくことは、簡単ではありません。

 

ですが、これ以外に、ブログ集客でうまく行く方法はありません。

 

ブログで伝えることが明確だからこそ集客できる真実

ブログで集客するには、起業家としての軸がブログを通して伝えられなければ意味がありません。

 

起業家としての軸とは、「ポジショニング」です。

 

誰に何を伝えるのか?

 

これが明確になっていなければ、起業家として、存在意義がないと言えます。

 

それくらい、ポジショニングとは、起業家の命なのです。

 

ここを理解せず、私はコーチです、コンサルですと言っても、誰も来てくれません。

 

お客様が来てくれるには、あなたがどんな人なのかが明確になっていなければならないのです。

 

広く浅く結婚したい人をターゲットに活動する婚活コーチよりも、40代バツイチ男性専門に結婚したい人をターゲットに活動する婚活コーチのほうが、対象者がより明確になってお客様があなたにぜひお願いしたいと来てくれるようになりやすいのです。

 

これがポジショニングを決める意義なのです。

 

ブログ=起業の軸

ブログは、起業家としてのあなたの軸そのものと言えます。

 

軸があるからこそ、伝えるべきものが決まってきます。

 

そして、伝えるべきものが明確だからこそ、それに合う人がブログに来てくれるようになります。

 

集客とは、お客様を集めることです。

 

お客様になってくれそうな人を集めないと、ブログを書いても意味がないのです。

 

つまり、ブログを書いても書いても来て欲しい人が来てくれないということになるということです。

 

ただの趣味でブログを書くという場合は、それでも構いませんが、集客を目的にブログを書くならば、そうはいきません。

 

しっかり、起業家としての軸をブログに反映させなければならないのです。

 

ブログは、あなたが起業家として出来ることを伝える大事な役割を担います。

 

決して、日々の活動報告をするものではありません。

 

ブログ=助けたい人を助けるための入口

起業家として出来ることを伝えるとは、つまりは、助けたい人を助けるためのものであるとも言えます。

 

自分が助けたい人を救い出し、助けてあげる。

 

その最初の入口となるものがブログです。

 

最初の出会いの場と言ってもいいでしょう。

 

将来のクライアントとなる人との最初の出会いの場がブログです。

 

ですから、自分は何が出来て、どんな人を助けることが出来るのかをしっかり伝える必要があるのです。

 

このように、しっかり伝えるためには、当然、ポジショニングが出来ていないと難しいですね。

 

だからこそ、起業家としての「軸」が全てなのです。

 

ブログで集客するとは、起業家として何が出来て、誰を助けられるのか。

 

これが明確になり、その対象とする人が悩んでいることに対してのアドバイスを伝えていくことで、ターゲットに役に立つ情報を提供できるブログになるのです。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、ブログ集客は、伝えるべきものが明確になっていないとうまくいきませんよということについてお話してきました。

 

記事が書けないという人は、自分のブログは「誰に」「何を」伝えるものなのか、再度確認してみてください。

 

ネット集客するには、とても重要なことですから、一度時間をかけて確認してみることをおすすめします。

 

それでも、なかなか難しくてひとりでは決められないという方がいれば、遠慮なさらず、私にご相談ください。

 

アドバイスさせていただきますよ。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

少ないアクセスでも成約につなげるネット集客の仕組みを学ぶ

少ないアクセスでも
成約につながる
「ネット集客の仕組み」が
学べます。

12日間無料メール講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です