コンサル型ビジネスでのクライアント獲得手順

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

個人起業家がコンサル型ビジネスを行うにあたり、ネットからクライアントを獲得するにはどうすればよいでしょうか?

 

その正しい手順を踏んでこそ、安定的にクライアントを獲得できるようになります。

 

ですが、多くの起業家は、正しい手順を知らないがために、クライアントが獲得できず、いつまでも稼げないままでいます。

 

せいぜい、1回いくらの単発セッションで稼ぐことしかできないのです。

 

しかも、1回の単発セッションでさえも、受けてくれる人を探すのに大変な労力を使います。

 

1ヶ月の中で、たまたま1人、2人セッションを受けてくれる人が現れたとしても、所詮1回数千円のセッションです。

 

1ヶ月の収入としてはあまりにも苦しいものになってしまうのです。

 

これでは、起業家を続けていくのは難しいでしょう。

 

だから、3年しないうちに、起業した多くの人はやめていくのです。

 

しかも、ネット集客コンサルから教えてもらったにも関わらず、多くの起業家はクライアントを獲得できず、結果的に稼げていないのです。

 

そこで今回は、多くの稼げていない起業家に、ネットからクライアントを獲得するにはどういう手順で進めればよいのかについてお話していこうと思います。

 

【参考記事】

WordPressでネット集客を始めるための準備

ネット集客成功のための5ステップ全体像

ネット集客成功のコツは5つのステップにあり

 

クライアントを獲得する正しい手順

コンサル型ビジネスをするためには、クライアントを獲得しなければ稼げません。

 

しかも、毎月安定的にクライアントを獲得できなければ、起業家を続けていくのが難しくなります。

 

では、どうすれば、クライアントを獲得できるようになるのでしょうか?

 

インターネットからクライアントを獲得するとはどんな手順なのでしょうか?

 

正しい手順とはどのようなものでしょうか?

 

全ては逆算で考える

そもそも、クライアントを獲得するとは言っても、毎月何人必要なのでしょうか?

 

目標とする月収や売上はいくらを想定しているのでしょうか?

 

この目標がないから、クライアントを獲得することができないのです。

 

ビジネスは逆算でものごとを考えます。

 

つまり、目標から逆算して、今日すべきことまでをブレイクダウンしていくのです。

 

だから、正しい方向で結果を出すことができるのです。

 

ですが、目標も立てず、ただなんとなくクライアントがほしい、月収もとりあえず100万円かな?というレベルからは、逆算できません。

 

そのために、当然、今日やるべきことも導けないのです。

 

だから、何をすればいいの?どうすればいいの?と途方に暮れてしまうのです。

 

こうなるのは、目標がないことが大きな原因です。

 

また、目標があったとしても、それを逆算できないなら、同じことです。

 

それほど、稼ぐためには、目標からの逆算がなによりも大事だということなのです。

 

目標から逆算するからこそ正しい道が現れる

ビジネスは、正しい方向で一生懸命努力すれば、必ず結果は出ます。

 

つまり、稼げるようになります。

 

ですが、多くの稼げていない起業家は、正しい方向が分かりません。

 

そのため、稼げません。

 

正しいと思って進んでも、それは正しくない方向だからこそ、いつまでも悪循環から抜け出せないのです。

 

正しい方向は、目標を達成させるための道です。

 

目標を達成させるために、逆算してやるべきことを明確化します。

 

それらが正しい道順として照らしてくれるのです。

 

1ヶ月に稼ぎたい目標額を決める

ですので、正しい道順を知りたいのならば、まずは、1か月にいくら稼ぎたいのか?

 

これを決めることからです。

 

ですが、いきなり月収100万円を目標にしても、難しいです。

 

ですから、段階的に、目標額を決めていくと、現実的になります。

 

たとえば、最初は、生活に困らないくらいの金額を目標金額とすることです。

 

1か月30万円あれば生活できるなら、まずは月収30万円を目標にするという感じです。

 

そして、月収30万円を達成したら次に、ビジネス経費を賄えるように上乗せした分を目標にするのです。

 

たとえば、毎月自分磨きのために、講座やセミナー、あるいはコンサルを受けて10万円は必要ならば、その分を、そして、レンタルサーバー代、通信費、光熱費、書籍代などを含めてトータル20万円くらいかかるなら、30万円+20万円で月収50万円を目標にしていきます。

 

ビジネス経費も含めて稼げるようになると、かなり楽になってきますね。

 

そして、生活費+経費を安定して稼げるようになってきたら、あとは、自分が好きなように使えるお金を稼ぐことを考えます。

 

毎月旅行したい、好きな車を買いたい、ブランド物のバッグや洋服などを買いたい、株をやってみたいなどと言った分に使える金額を上乗せしていきます。

 

たとえば、それに30万円あれば、なんとかなるとすれば、30万円+20万円+30万円で80万円が目標になります。

 

このように、自分が稼ぎたい金額をただ闇雲に決めるのではなく、必要な金額を考えて目標に設定することも大事なことです。

 

そして、目標金額を決めたら、そこから逆算をしていけばいいのです。

 

目標金額からの逆算方法

では、目標金額を決めたら、どうやって逆算すればいいのでしょうか?

 

そこで重要になってくるのが、「ビジネスモデル」です。

 

つまり、ビジネスモデルは、月収80万円をどうやって稼ぐのかを決めることだからです。

 

ビジネスモデルは、様々です。

 

ただし、コンサル型ビジネスに関して言えば、おのずとこの考え方が主流になると思います。

 

商品単価×顧客数=売上

 

いくらの商品を作って、それを何人に売るのか?

 

この考え方です。

 

そして、顧客数を目標人数にするには、どうすればいいのかをまた逆算していくのです。

 

たとえば、月収80万円を目標とした場合、商品単価20万円ならば、4人に売れば、80万円になります。

 

20万円×4人=80万円ですね。

 

では、この「4人」をどうやって集めるのかを考えていくのです。

 

これは、「成約率」という指標値が重要になってきます。

 

何人来たうちの何人が契約してくれるのかという数値です。

 

この成約率を上げていくことで、少ない人数でも安定して稼いでいけるようになるのです。

 

ネット集客の仕組は、ブログ→メルマガ→体験セッション→契約です。

 

ですので、体験セッションに何人。

 

メルマガ登録に何人。

 

ブログに何アクセス。

 

というように、逆算していくことで、日々の作業に落とし込めるようになっていくのです。

 

月収100万円稼ぐための具体例

では、最後に、月収100万円稼ぐための正しい手順を具体的にお伝えしていきましょう。

 

前提条件

月収100万円を稼ぐための前提条件を挙げておきます。

 

コンサル型ビジネスをするうえで、最低以下の前提条件はクリアしてほしいですね。これらの数値から月収100万円稼ぐ正しい道順が導かれていくのですから。

 

  • 商品単価:25万円
  • 成約率:50%
  • 体験セッション申し込み率:20%
  • メルマガ登録率:5%
  • 1日のアクセス数:30PV

 

目標金額とビジネスモデル

目標金額は、月収100万円。

 

これを稼ぐためのビジネスモデルは、25万円の商品を4人に売ることで実現する。

 

成約率

4人のクライアントを獲得するためには、成約率50%なら、8人に体験セッションに来てもらう必要があります。

 

8人×0.5(50%)=4人

 

体験セッション申し込み率

体験セッションに8人来てもらうようにするには、体験セッション申し込み率が20%なら、メルマガに1か月40人に登録してもらう必要があります。

 

40人×0.2(20%)=8人

 

メルマガ登録率と1日のアクセス数

メルマガに1か月40人集めるには、1日1~2件のメルマガ登録が必要です。

 

メルマガ登録率が5%なら、ブログには、1日30PVほど必要になります。

 

30×0.05(5%)=1.5件

 

目標からの逆算は正しく進むためのもの

このように、目標金額から逆算することで、毎日のブログに何アクセス(PV)集めればいいのかが分かるようになってきます。

 

ここで挙げた指標値は、私と私のメンターが実際に稼いでいる指標値です。

 

ですから、私のクライアントにも同じような指標値に達するように教えているわけです。

 

これは、業種が違っても大した違いはありません。

 

コーチ、コンサルでもカウンセラーでも、セラピストでも、占い師でも、関係ありません。

 

要は、いかに困っている人を助けられる商品を作れるかですから。

 

必要としてくれる商品を必要なタイミングで差し出すことが出来れば、業種は関係ありません。

 

コンサル型ビジネスで目標月収を安定的に稼いでいきたいならば、まずは目標とする金額を決めて、どうやってそれを実現するのかビジネスモデルを作っていくことです。

 

それに従い、ここで挙げた指標値をもとに、逆算していけばいいのです。

 

これが正しい道ですよ。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、コンサル型ビジネスにおけるクライアント獲得手順についてお話してきました。

 

稼ぐ仕組みは、ビジネスモデルによって変わります。

 

ですが、コンサル型ビジネスにおいては、ほぼ同じです。

 

SNSを使った集客なども流行っていますが、それは、最初のブログのアクセスに関わるところの話です。

 

入り口を増やしてメルマガ登録につなげることが主目的です。

 

ですから、それ以降の成約までの流れは、変わりません。

 

どれくらい体験セッションに呼び込みたいのか?

 

体験セッションに来てくれた人の中から何人契約してほしいのか?

 

そこをしっかり理解しておかないと、SNSに流されてしまいますよ。

 

すべては、成約につなげるためのものなのですから。

 

ネット集客は、SNSやホームページ、ブログだけをやっていても、稼げませんからね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です