SSL対応とSSL非対応とは何か?どちらにすべき?

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

WordPressでブログを立ち上げようとするときに、迷うことがあると思います。

 

それは、「SSL対応」と「SSL非対応」というものです。

 

あまりよく分からないという人は、何だか難しそうと思って、この「SSL対応」をしないで立ち上げてしまうことがよくあります。

 

SSL対応しないで立ち上げると、とても危険なので、必ず「SSL対応」で立ち上げてくださいね。

 

といっても、何でSSL対応しないといけないのか分からないという方も多いと思います。

 

そこで今回は、SSL対応とSSL非対応とは何かを説明したうえで、SSL対応すべき理由についてお話していこうと思います。

 

【参考記事】
ワードプレスを設置するときに重要なSSL化
wordpressを立ち上げるまでの手順
WordPress集客を始めるまでに必要な作業と費用

 

SSL対応とSSL非対応とは何か

SSLとは、Secure Sockets Layerの略で、インターネット上のデーターを安全に送受信するための仕組みのことです。

 

ですので、SSL対応は、安全なデーター送受信の対応がされているということになります。

 

逆に、SSL非対応は、安全な対応がされていないということです。

 

これだけ見ても、何となく、SSL対応したほうがよいと思いませんか?

 

そもそも、インターネット上でデーターを安全に送受信するとはどういうことでしょうか?

 

インターネットは、インターネット回線と呼ばれる回線を使って、全世界をつないでいます。

 

インターネット回線には、有線のものと、無線のものがあります。

 

今の時代、Wi-fi(ワイファイ)と呼ばれている無線回線がよく知られていますね。

 

このインターネット回線には、24時間365日、膨大な量のデーターが流れています。

 

検索するときのキーワード、画面に表示される画像や動画、文章はもちろんですが、ログインするときのIDやパスワード、暗証番号、カード決済のときのカード番号など、機密情報もインターネット回線にデーターとして全て流れているのです。

 

何だか、怖いですね。

 

パソコンやスマホで個人情報を入力したり、決済情報を入力するときがあると思いますが、それら全てが、インターネット回線を通って、サーバーに送信されているのです。

 

逆に、個人情報を編集するようなときにも、画面に自分の個人情報が表示されていることがあると思いますが、これも、サーバーに保存されている個人情報データーがインターネット回線を通って、パソコンやスマホで受信しているからこそ、表示することができるのです。

 

つまり、全てのデーターは、インターネット回線を通るということなのです。

 

パソコンやスマホからサーバーへ送信することを「アップロード」といいます。

 

逆に、サーバーからパソコンやスマホに送信することを「ダウンロード」といいます。

 

最近では、「アップロード」も「ダウンロード」も一般的に知られるようになりました。

 

このアップロード、ダウンロードの「ロード」は、「道路」や「道」のことを指します。

 

上りの道路を通る、下りの道路を通るということで、高速道路の上り・下りと意味合いは同じです。

 

ということで、インターネットの世界では、この道路のことを「インターネット回線」と呼ぶのですよ。

 

そして、この道路を様々なデーターが通るということです。データーを車に例えると何となくイメージがつかめるかと思います。

 

高速道路で車が上下線ともに走っている状態は、まさに、インターネット回線でデーターが上下線ともに走っている(送受信)状態と同じなのです。

 

ただし、高速道路とインターネット回線では、安全という意味合いが少し異なります。

 

どのように異なるのかと言えば、高速道路の場合は、「速度」であり、インターネット回線は、「秘匿性」ということです。

 

インターネット回線は、速ければ速いほどいいですよね?

 

高速道路では、スピード違反で捕まってしまいますが・・・。

 

逆に、インターネット回線は、中味がバレないということが最も「安全」であり、高速道路では、中味がバレないというのは、ある意味、怪しいことですよね?

 

このように、高速道路とインターネット回線では、「安全」に対する認識が異なるのです。

 

大事な個人情報やパスワード情報、決済情報など、第三者にバレてしまうとまずいものは、誰にもバレないようにして、インターネット回線を通らないとまずいわけです。

 

カード番号が簡単にバレてしまっては、大変なことになりますよね?

 

ですので、インターネット回線を通るデーターを安全に送受信させるための方法が、SSL対応ということなのです。

 

つまり、データーをバレないようにして送受信する技術こそが、SSLです。

 

SSL対応にする理由

インターネット回線を通るデーターは、そのままの形で送るとバレてしまいます。

 

そのままの形で送受信するのが、SSL非対応です。

 

バレない形に変えて安全に送受信するのが、SSL対応です。

 

例えば、SSL非対応は、パスワードが「muramura01」だとしたら、「muramura01」そのものが送受信されてしまうということです。

 

これは、まずいですよね?

 

と言っても、誰にバレるのか、もしかしたら疑問に思ったかもしれません。

 

通常、インターネット回線を通るデーターは、見ることが出来ないですからね。

 

なので、あまり気にしないことかもしれませんが、実は、普通の一般ユーザーにバレるわけではなく、悪意を持ったハッカーと呼ばれる人たちにバレてしまうということなのです。

 

セキュリティ用語で「盗聴」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

盗聴とは、悪意を持った人たちが、インターネット回線を監視し、データーを盗み見ることを言います。

 

ですので、SSL非対応のデーターは、すぐバレてしまうのです。

 

大切な情報が盗まれてしまうのです。

 

このような輩にカード情報が盗まれてしまったら、大変なことになるわけです。

 

だからこそ、簡単にバレないように、データーを暗号化して、分からなくしてしまう必要があるのです。

 

この暗号化する技術こそが、「SSL」です。

 

SSL対応であれば、「muramura01」は、「23!”#$!”#sdfd」などと、わけの分からない文字に変換されて送受信されます。

 

この変換する仕組みを「暗号化」と呼びます。

 

逆に、元の「muramura01」に戻す仕組みを「復号化」と呼びます。

 

この暗号化・復号化をすることで、インターネット回線を安全に送受信できるようになるのです。

 

これらのことから、「SSL対応」をすすめるのです。

 

SSL対応は、URLで表すと、「https://~」となります。

 

この形式でアクセスできるのであれば、SSL対応されていることになります。

 

逆に、この形式でアクセスできなければ、SSL非対応ですので、SSL対応にすることを強くおすすめします。

 

ちなみに、SSL非対応は、「http://~」です。

 

表記上は、「http」のあとに「s」がつくかつかないかだけの違いですが、機能的には、雲泥の差になってしまいますので、WordPressでブログを立ち上げるときには、SSL対応(https)を指定して立ち上げるようにしてくださいね。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、SSL対応とSSL非対応とは何か?どちらにすべきなのかについてお話してきました。

 

WordPressでブログを立ち上げるときには、セキュリティ対応として、SSL対応かSSL非対応を選択できます。

 

ですが、迷わず、「SSL対応」で立ち上げるようにしてください。

 

そうすることで、データーが安全にインターネット回線を通ることができるようになりますよ。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です