高単価・高額商品を売るターゲット設定

 

こんにちは。

稼げない起業家専門、ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

あなたは、高単価商品、高額商品を売るためにターゲット設定をしていますか?

 

あなたが稼げないのは、ターゲット設定が出来ていないからかもしれません。

 

では、ターゲット設定とはなんでしょうか?

 

その商品を誰に売るのか?

 

ということですね。

 

ですが!

 

この「誰に」売るのかが出来ていない起業家の方が実に多いのです。

 

とにかく誰でもいいから買ってくれ状態では100円のものすら売れないでしょう。

 

なぜなら、その商品がいらないひとは、たとえ10円でも買わないからです。

 

逆にもらっても、いらないというかもしれません。

 

これは、ターゲット設定が出来ていないためなのです。

 

その商品を売る人がきちんと決まっているのであれば、たとえ10万円、30万円、100万円だって売れます。

 

なぜなら必要だからです。

 

そして、必要なものであるからこそ、安心安全なものがほしいと思うのです。

 

今回は、あなたが高単価商品、高額商品を売るためには、ターゲット設定が必要だというお話をしていこうと思います。

 

【参考記事】

稼ぎたいのに稼げない起業家の考え方

高額商品を売るという考え方とその方法

ポジショニングの決め方と商品の作り方

起業家が稼ぐために高単価商品・高額商品が必要な理由

月収100万円稼ぐためには、高単価・高額な商品が必ず必要になります。

 

必ずと言っているのは、個人起業家が無理なく稼ぐために必ず必要だということです。

 

1万円の商品を100個売るのと、10万円の商品を10個売るのとでは、どちらが無理なく稼げると思いますか?

 

価格が安いから売れる?高いから売れない?

個人起業家として、月収100万円を稼ぐためには、量で稼ごうとしても限界があります。

 

1ヶ月に100個売るのと、10個売るのとでは、あきらかに、10個のほうが簡単です。

 

多くの稼げない起業家は、「でも、1万円だったら、100個売ったほうが楽でしょう?」と思っています。

 

価格が安ければ、たくさん売れると思い込んでいるのです。

 

ですが、実際100個売るのはかなり大変なことが分かると思います。

 

毎日3~4個売らなくてはならないのです。

 

売れない日があったら、どうでしょうか?

 

次の日に、倍売れる保証はありますか?

 

逆に1ヶ月に10個なら、3日に1個売ればいいので、だいぶ楽ではないでしょうか?

 

2日売れなくても、3日目に1個売れればいいのですから、精神的にも負担が少なくて済むと思いますが、いかがでしょうか?

 

でも、それは1万円だったらそうかもしれないけど、10万円のものを10個売るのは難しい。

 

価格が高いから売れない。

 

そのように反発する人が多いですね。

 

果たしてそうでしょうか?

 

実は、1万円で売れるものがあれば、それを10万円にして売ることは簡単なのです。

 

誤解のないように言っておきますが、詐欺的なことをするということではありませんよ。

 

同じ商品だとしても、状況やタイミングによって、価値が変わるのです。

 

だから、ある状況では1万円でも、別なタイミングでは、10万円で売れるのです。

 

そのタイミングでは、手に入れるのが難しいなどの理由で、今この時点では、その商品の価値が高いということになります。

 

有名アーティストのコンサートチケットはなかなかゲット出来ませんね。

 

申し込みが始まってもすぐ完売になってしまいます。

 

このようなタイミングでは、たとえ、1万円のチケットだったとしても、3万円でも5万円でもいいから手に入れたいと思うことってないでしょうか?

 

これが、タイミングによって、価値が上がるということです。

 

不当に価格を上げているダフ屋のような場合は論外ですが、ほしいものが手に入らないなら、少し高くてもいいからほしいと思うことはよくありますね。

 

個人起業家は量より質が重要

会社単位で商品を販売する場合は、「量産」することが仕事のひとつでもあるので、売れる商品は大量に生産されます。

 

これによって、多くの売り上げを見込むことができます。

 

しかし、個人起業家の場合は、これと同じ土俵に上がってはいけません。

 

決して勝つことはできないのですから。

 

そうではなく、個人起業家は、「量」ではなく、「質」で販売すべきなのです。

 

ですから、先ほどの100個よりも10個のほうが楽だという話です。

 

個人の最大の利点は、きめ細かいサポートが出来るところにあるのですから、大量生産・販売できる企業と比べる必要はないのです。

 

そのため、「質」にこだわってください。

 

高単価・高額商品が必要な理由

個人の起業家が「質」にこだわるからこそ、商品の価値を上げることができます。

 

そして、価値を上げられるからこそ、高単価・高額な商品を提供することができるようになります。

 

つまり、同じ商品であっても、必要としている人にとっては、価値の高い商品なのです。

 

砂漠のど真ん中で喉がからからに乾いて今にも倒れそうだというアラブの大富豪に、100円のミネラルウォーターを100万円で売ることだって出来るのです。

 

これが、商品が同じでも、必要としている人には価値の高い商品になるということです。

 

ですから、個人の起業家が月収100万円稼ぐことは、必要としている人に価値の高い商品を提供することが出来るようになれば、決して難しいことではないのです。

 

商品の価値は、誰に売るのかで変わってくるのです。

 

これが、「ターゲット設定」ということなのです。

 

商品の価値を高めるターゲット設定

コンビニやスーパーで販売している100円のミネラルウォーター。

 

500mlのペットボトルの極一般的なミネラルウォーターです。

 

これを渋谷のスクランブル交差点で10万円で買ってくださいと言っても売れません。

 

渋谷のスクランブル交差点には、100円のミネラルウォーターは、100円の価値しか感じない人ばかりだからです。

 

ですが、砂漠のど真ん中で喉が渇ききって倒れそうなアラブの大富豪にとっては、とても価値の高いミネラルウォーターになるのです。

 

価値が高いからこそ、100万円でも売れるのです。

 

誰に売るのかが高単価・高額商品を売る決め手

100円のミネラルウォーターの価値を100円と感じる人と、100万円と感じる人はどこが違うのでしょうか?

 

無理やり「100万円で買え」と言っているわけではなく、相手が100万円出してでもほしい!と思っている状態です。

 

ピンと来ましたか?

 

100円のペットボトル(ミネラルウォーター)ですが、ある人にとっては、100円。

 

またある人にとっては、100万円。

 

分かりましたか?

 

そうです!

 

違いは、今すぐ必要としている人とそうではない人という違いです。

 

今この瞬間にこれがないと死んでしまうという状態だったら、たとえ100万円かかろうが買うと思いませんか?

 

つまり、その人のおかれている環境や立場、考え方、悩みやタイミングによって、価値が変わるのです。

 

ですから、個人の起業家が月収100万円稼ぐためには、商品の価値を高めてくれる人を相手に売れば売れると思いませんか?

 

分かりやすく言えば、あなたの商品を高く買ってくれる人に売るということですね。

 

高く買ってくれるとは、決して、その人が善意で高く買うということではなくて、それでも安いと思っているのです。

 

決して高いとは思っていないのです。

 

だから、買ってくれます。

 

その人にとっては、今すぐにでもほしい商品であり、その価格は妥当か安いと思えるくらいなのです。

 

なぜなら、その人の痛みや苦しみを快楽に変えることができるからです。

 

悩みが解決されて、その人が幸せになれるからです。

 

ですから、その人にとっては、決して高い買い物ではないのです。

 

今すぐにでも死ぬくらいの状態でこの薬を飲めば治ると言われれば、100万円でも1000万円でも買うのです。

 

苦しみから解放され、生きることができる。

 

その人も、その家族も幸せになれるからです。

 

そのときの100万円は決して高くないのです。むしろ安いとさえ思えることでしょう。

 

この例は極端でしたが、高単価・高額商品を売る相手とは、価値を高いと感じてくれる人のことなのです。

 

これが、ターゲット設定なのです。

 

高単価・高額商品は痛みを回避し快楽を与えてくれる

人が行動する動機や理由は、たった2つしかありません。

 

それは、「痛み」と「快楽」です。

 

痛みを回避したい

 

快楽を得たい

 

このいずれかで人は行動します。

 

ですが、快楽よりも、痛みを取り除く事の方が動機は強いです。

 

痛みから解放されたいから、今すぐにでもお金を出してでもほしい!必要だ!となるのです。

 

あなたの商品で、このように思っているくれる人を見つけることが「ターゲット設定」なのです。

 

あなたの商品は、誰が欲しがっていますか?

 

今すぐにでもお金を出してでもほしい、必要だと思っている人は誰ですか?

 

私の場合は、「安定的にクライアントを獲得できず、稼げないと悩んでいる起業家」です。

 

その人に、「安定的にクライアントを獲得できる仕組みづくりを一緒に作り上げていくお手伝い」をしていくのが、私の商品になります。

 

「ネット集客システム」が商品ではなく、ネット集客システムを一緒につくるサポートまでを商品としているのです。

 

一緒に作り上げることが価値を高めていきます。

 

Webが苦手、パソコンが苦手という起業家は多いです。

 

そのような人に、レンタルサーバーを契約してください。ワードプレスを設置してくださいと指示しても、なかなかできないのです。

 

つまり、痛みなのです。

 

ネット集客システムがあれば稼げるかもしれないけれど、それをつくることが痛みになっている人です。

 

このような人に、私が一緒にお手伝いをしながらサポートをすることで、結果的に、安定的にクライアントを獲得できるようになり、月収100万円以上もの収入を得ることができるようになります。

 

これこそが、痛みを快楽に変えるものなのです。

 

痛みは、悩みのことです。苦しみのことです。

 

それらから解放されることが、今すぐにでも実現したいことなのです。

 

それを一刻も早く実現させることができる商品こそ、高単価で高額な商品なのです。

 

逆に、ネット集客システムがなくても、安定的にクライアントを獲得できている起業家には、全く価値のない商品となります。

 

これが、同じ商品でも、売る人によって価値が違うということなのです。

 

いらない人には、いくら自分が自信をもってすすめる商品であっても、全く価値のないものであることをしっかりと理解してください。

 

だからこそ、あなたの商品を今すぐにでもほしい、必要だという人を見つける必要があるのです。

 

よろしいでしょうか?

 

今回は、高単価・高額な商品を売るためには、その商品を今すぐにでもお金を出してでも痛みを取り除きたいと思っている人を見つける「ターゲット設定」が必要だということをお伝えしました。

 

あなたの商品に手を加えることよりも、あなたの商品に価値を感じる人を探すことが稼ぐ上ではとても重要です。

 

つまり、その人こそ、あなたの見込み客なのですから。

 

見込み客は、あなたの商品が欲しくて探していますよ。

 

ぜひ、あなたもそれに気がついてくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

少ないアクセスでも成約につなげるネット集客の仕組みを学ぶ

少ないアクセスでも
成約につながる
「ネット集客の仕組み」が
学べます。

12日間無料メール講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です