非常時と認識できるかどうかが結果を大きく変える

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

あなたは、今どのような状況におかれているでしょうか?

 

コロナウィルスの影響で、全国的な緊急事態宣言が敷かれ、大型商業施設も休業に追い込まれている中、リスクを冒しながら会社に出勤している状況でしょうか?

 

それとも、既に自宅で仕事をしている状況でしょうか?

 

または、これを機会に何かにチャレンジしようとして動き出している状況でしょうか?

 

もし、これを機会に起業にチャレンジしようとしているならば、ぜひ覚えておいていただきたいことがあります。

 

それは、今のこの状況を「非常時」と認識することです。

 

たまたま時間が出来たから、何かを始めてみようというのは、きっかけとしてはいいと思いますが、コロナが収束して、緊急事態宣言も解除されたあとのことを考えたときに、本当に元の状態に戻れるのかどうなのか?

 

戻れると確信を持てるのならいいのですが、そうではなく、「不安」に駆られているのなら、「非常時」と認識しておかないと、大変なことになりますよ。

 

解除と同時に、働き口がない・・・、だからお金もない・・・

 

そんなことは、容易に想像がつくはずです。

 

これは、対岸の火事ではありません。

 

現実として、あなたの前に起こり得ることなのです。

 

だからこそ、今このときを「非常時」と認識して、「真剣」になるべきだと私は思います。

 

せっかく、今このときを利用して起業しようと思ったのなら、この先のことも「真剣」に考えて、準備することがとても大事なことだと思います。

 

今ここで、この事態を「非常時」と思っている人は、真剣に始めています。

 

しかし、多くの人は、「非常時」とは思ってないのです。

 

だから、いくら外出自粛を叫んでも、平気で外出して、他の人から感染させられたり、自分が感染させたりというのが、あとを絶たないわけです。

 

もうとっくに非常時なのに、いつまでも対岸の火事の感覚の人が多すぎます。

 

そのような感覚で、起業しようとしても、うまくいくわけがないのです。

 

だからこそ、起業しようと思うのなら、自分は大丈夫という対岸の火事的な感覚を捨て、自分の身に降りかかる「非常時」と認識してください。

 

今出来得る限り真剣に取り組んだ人は、きっとこの先の未来に「安定」という幸せを得ることができるでしょう。

 

しかし逆に、非常時と思えず、対岸の火事のまま過ごすだけであれば、この先の未来には「不安」しかないと言えます。

 

それくらい、結果に大きな差がつくことは明らかです。

 

そこで今回は、非常時と認識することで結果が大きく変わるんだよというテーマでお届けしていこうと思います。

 

【参考記事】
起業家マインドを軽視する人の顛末
起業家マインドをもつとどうなるか
出来るか出来ないかではなくやるかやらないかだ!

 

なぜ、いま非常時と認識する必要があるのか?

非常時というと、どんなイメージがありますか?

 

緊急で対応しなければいけない状況というのが思いつくかなと思います。

 

その緊急というのは、「今すぐに」ということですね。

 

たとえば、地震、火災、水害などの発生によって、自分の命に係わる状況だからこそ、「今すぐに」どこかに避難しなければいけない。

 

というような事態になったとき、「非常事態」という認識をもつのだと思います。

 

コロナウィルスの発生は、まさしく、「今すぐに」どこかに避難して、身の安全を確保することが必要なわけです。

 

それが「自宅」ということですよね。

 

だから、今は「非常時」なわけです。

 

これが全世界的に拡大している状況が今なのです。

 

この状況は分かっていても、ただ自宅にいれば、今後の収入がどうなるのか分からないことで不安になり、政府に文句をいうだけで、自分は何もしない。

 

非常時は、身の安全を確保するために、自分も何かしなければいけないのです。

 

誰かがやってくれることを待つのではなく、自分が出来ることをやる。

 

非常時は、みんなが、行動するからこそ、乗り越えられるのです。

 

今の状況は、確かにつらく苦しいです。

 

ですが、このまま、ただ文句をいいながら過ごしていても、何にもなりません。

 

その考え方を変えて、自分で真剣にその先のことを考えることが大事です。

 

不安定な会社に戻るというのも選択肢かもしれませんが、どこにも頼らず、自分の力で稼いでいくという選択をするのもいいと思います。

 

しかし、そういう選択をするなら、「真剣」にならないと難しいです。

 

ですが、人は、今が「非常時」と思えれば、なんでもできます。

 

本当に何でも出来ます。

 

だから、「非常時」という認識になってほしいのです。

 

非常時と認識出来れば、覚悟が持てる

何事においてもそうだと思いますが、起業に関しては、特に「覚悟」が必要です。

 

何かを成し遂げる場合、「覚悟」が必要となるわけです。

 

でも、この「覚悟」は、中途半端な考えでは到底できるわけもありません。

 

非常時だからこそ、やらなければいけない!

 

その思いの強さこそが、「覚悟」を後押ししてくれます。

 

中途半端に、時間があいたから何かをはじめるという程度の思いでは、覚悟は持てません。

 

「今だからこそやる!」という強い思いをもつことです。

 

今は「非常時」です。

 

だからこそ、今やる!

 

その思いをもつことで、覚悟も生まれます。

 

そうすることで、真剣に取り組むことができるようになるのです。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、非常時と認識することで結果が変わってくるということについてお話してきました。

 

いかに、今を「非常時」と認識できるのか?

 

ここが、今後の未来に大きな影響を与えてきますよ。

 

ぜひ、今こそやる!という意識になって、起業を目指してほしいです。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です