読者に突き刺さる記事を書くたった1つのコツ

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

WordPressを使ったブログ集客では、見込み客にいかに記事を読んでもらうかがとても大事なことです。

 

記事を見込み客に読んでもらえないと、いつまでも「契約」にはならないからですね。

 

ですが、多くの稼げていない起業家は、ブログ記事が読まれない、何でなの?と悩んでいるのです。

 

なぜ、彼・彼女らのブログ記事は読まれないのでしょうか?

 

原因は色々ありますが、もっとも明確な理由としては、「読者が読みたくなる記事を提供していない」ことだと思います。

 

分かりやすく言うと、読者に響かない、突き刺さらない記事を量産しているからではないかと思うのです。

 

つまり、どうでもいい記事だからということです。

 

読者である見込み客が悩みを解決したいと思って、せっかくブログに来てくれても、「これ違う!」と思われたら、すぐ帰ってしまいます。

 

残酷ですが、瞬殺です。

 

読まれないブログ記事は、読者が読みたくなる記事になっていないことが多いのです。

 

読者が知りたいこととズレている、内容が難しすぎて読むのが面倒だ、そもそも何を言いたいのか分からずイライラしてくる、などが読者が読みたくなくなる記事の典型ですが、それよりももっと根本的なことがあります。

 

それが、読者の胸に突き刺さらない記事だからということです。

 

当たり障りのない無難な記事とでもいいましょうか、まあこういうのも一般論としてはあるよね?的な内容の記事ということです。

 

つまり、読んでいる人が自分のことと思ってもらえていないことに、読まれない根本原因があると私は思うのです。

 

ブログ記事は、読者の胸に突き刺さってこそ、読まれるものです。

 

ですから、読者の胸に突き刺さる記事を書くことこそが、ブログ集客には重要だと言えるのです。

 

ですが、多くの稼げていない起業家は、突き刺さる記事を書けないために、苦労しているのではないでしょうか?

 

では、どうすれば、読者の胸に突き刺さる記事を書くことができるのでしょうか?

 

実は、とても簡単なことなのですが、ほとんどの人が知らない、気づかないことでもあります。

 

それは何でしょうか?

 

それは、たった1人のお客様に向けて書くことなんです。

 

なんだ、そんなことか!

 

と思わないでいただきたい。

 

これが出来ていないから、全てがズレていくし、突き刺さる記事が書けないのですよ。

 

そこで今回は、読者に突き刺さる記事を書くためのたった1つのコツとして、1人のお客様に絞る理由についてお話していこうと思います。

 

【参考記事】
ブログは何を書くのではなく誰に伝えるのかが重要
ブログにアクセスを集めることが集客ではない
読まれるブログ記事の3つの共通点

 

読者に突き刺さる記事とは

まず、読者に突き刺さる記事とはどういう記事でしょうか?

 

ここを確認しておきましょう。

 

読みたくなる記事、読みたくなくなる記事の違い

あなたがネット検索をしていて、この記事読みたいと思うときはどんな時でしょうか?

 

タイトルを見て、読んでみようかと思って、記事を読むかと思うのですが、一瞬で読みたい記事か読みたくない記事かを判断していると思います。

 

ほとんどは、読みたくないと判断し、次の記事へ移動していると思います。

 

この場合の判断材料ってなんでしょう?

 

無意識にしていることなので、改めて考えると難しいかもしれませんね。

 

ですが、現実的にやっているはずです。

 

何かに基づいて判断しているはずなのです。

 

どうでしょうか?

 

恐らく、このようなことを瞬時に判断しているのではないかと思います。

 

  • 自分が悩み苦しんでいることと同じことが書いてあるか?
  • 自分が知りたいことが書いてあるか?
  • 未来への希望が持てるような内容が書かれているか?

 

 

これら1つ1つOKかどうかを判断し、OKなら読み進めるのではないでしょうか?

 

私がそうなので、おそらくあなたも同じように判断しているのではないかと思います。

 

それで、この中で、特に重要な判断材料が1番目の「自分が悩み苦しんでいることと~」です。

 

他も重要なのですが、最重要事項が、1番目です。

 

なぜ、1番目が重要なのかですが、それは「自分のことだ」と思えるかどうかだからです。

 

突き刺さる記事とは、自分のための記事ということ

読者は、自分のことしか興味ありません。

 

自分以外のことには時間をかけるほど、暇ではないのです。

 

だから、まずは、自分と関係あるのかどうかを判断します。

 

例えば、”100万円稼ぐ方法”という2つの記事があったとします。

 

1つ目は、順風満帆なサクセスストーリーが書かれている記事。

 

2つ目は、高額塾やコンサルに3年以上散々投資をしてきたにも関わらず、全然稼げない起業家が、ようやく手に入れた方法が書かれている記事。

 

この2つの記事を、稼ぎたくても稼げず、3年以上も高額塾やコンサルに投資してきて、お金も時間も無駄にしてきた40代男性が読んだら、どうなるでしょうか?

 

1つ目の記事は、「これ違う!」「自分のことじゃない!」ってなりませんか?

 

それに対して、2つ目なら、「自分もそうなんだよ」、「この人は自分と同じだ」、「この記事は、自分のためにあるようだ!」と思えるのではないでしょうか?

 

この「自分と同じだ」、「自分のことか?」と読者に思ってもらえてこそ、その先も読みたいとなっていくのです。

 

このように、「自分のこと」と思ってもらえ、「共感」してもらえる記事こそが、読者に突き刺さる記事ということなのです。

 

読者に突き刺さる記事を書くコツ

それでは、読者に突き刺さる記事が分かったところで、いよいよ書くコツについてお話していきましょう。

 

コツといっても、たった1つです。

 

たった1人のお客さまへ

それが、「たった1人のお客様に向けて書く」ということでしたね。

 

では、なぜ、たった1人のお客様に向けて書くと、読者に突き刺さる記事を書けるのでしょうか?

 

これは、とても明快だと思います。

 

先程の100万円稼ぐ方法でもお伝えしましたが、「自分のこと?」と思ってもらうには、特定の人に向けて書かないと、伝わらないですよね?

 

10人に向けて書いても、どれかは共通するかもしれませんが、「自分のこと?」とまでは、思えないと思います。

 

やはり、細かい悩みや状況が、特定の1人を想定して書かれているからこそ、「自分のこと?」と思ってもらえるわけです。

 

だからこそ、たった1人のお客様に向けて書くことで、その人に突き刺さる記事が書けるようになるわけなのです。

 

ただ、ここである疑問をもたれるかもしれませんね。

 

たった1人に絞るからこそ集客が安定する

たった1人に向けて書いたら、読んでくれる人そのものが少なすぎて、結局、安定的にお客様が来なくなるのではないですか?

 

という疑問です。

 

ですが、これは大きな勘違いですので、ご安心くださいね。

 

ターゲットを絞る、つまり、たった1人に向けて記事を書く理由は、そもそも、その人から選んでもらうためにしていることです。

 

そして、たった1人に向けたとしても、同じような悩みを持つ人はたくさんいます。

 

その人たちが、勝手に「自分のこと?」と思ってくれるのです。

 

だからこそ、記事を読んでくれるし、発信している側を信頼し、選んでもらえるようになっていきます。

 

つまり、安定的な集客を実現するために、たった1人に絞るということなのですよ。

 

たった1人に絞るからこそ、「自分のこと」だと思ってもらえるのであって、絞らなければ、自分とは関係ないと思われて、結局、ブログ記事やメルマガ、商品、そしてあなたに興味をもってもらえないのです。

 

結果的に、選ばれない起業家、稼げない起業家のままになってしまいます。

 

ですから、お客様から選ばれる、稼げる起業家になるには、たった1人のお客様に向けてブログ記事を書くことがとても大事です。

 

読者に突き刺さる記事を提供するからこそ、読者が見込み客になり、やがて、お客様、クライアントになってくれるようになるのですからね。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、読者に突き刺さるブログ記事を書くたった1つのコツについてお話してきました。

 

読者に突き刺さる記事とは、読者が「自分のこと?」と思ってもらえるような記事のことです。

 

そして、自分のことと思ってもらうには、たった1人のお客様を想定し、その人に向けて記事を書くことが大切です。

 

そうすることで、ブログ記事が読まれるようになり、メルマガ登録、体験セッション、そして契約という流れが作られていきます。

 

ぜひ、たった1人のお客様を想定し、記事を書いてみてくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です