見込み客をペルソナ設定する理由とは

 

こんにちは。

稼げない起業家専門、ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

あなたは、あなたの見込み客がどんな人か想定出来ていますか?

 

コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方がネット集客する場合、どんな人に来て欲しいのかを想定する必要があります。

 

それは何故か?

 

ポジショニングを決めたとしても、見込み客は様々です。

 

東北で40代バツイチ男性専門の婚活コーチというポジションを決めたとしても、そのターゲットとする見込み客は、一人一人性格も置かれている状況も、経済状況も心の状態もみんな違います。

 

この中でどんな状態の人に来て欲しいのか?

 

性格が攻撃的で噛み付きそうな人でもいいと思えるならいいですが、そういう人は出来れば避けたいですね。

 

ペルソナ設定とは、あなたが来て欲しい人を決めるためにも必要なのです。

【関連記事】見込み客のペルソナ設定とキーワードの対応づけ

 

今回は、「見込み客をペルソナ設定する理由とは」をテーマにお話していこうと思います。

見込み客とは

そもそも、見込み客とは何でしょうか?

 

あなたがネット集客でクライアントを安定的に獲得しようとしていますが、そのクライアントはどんな人ですか?

 

あなたの軸はなに?

まず、ビジネスをはじめるにあたり、ネットであろうとリアルであろうと、自分は何が出来て誰にそれを提供するのかという軸を作る必要があります。

 

会社員であれば、会社の業務によって、あなたが提供するものは色々変わると思います。

 

ですが、ひとりで起業してビジネスをはじめていくには、オールマイティではダメなのです。

 

それは、ひとりでやるには限界があるからです。

 

会社のような組織であれば、各部門があるので、会社単位で見ればオールマイティかもしれませんが、個人で見れば、経理担当、営業担当、開発担当というようにオールマイティではないはずです。

 

ですから、そもそも個人では限界があるため、やることを絞る必要があるわけです。

 

個人事業主が経理をしたり、営業をしたり、開発をしたりすることもありますが、かなり無理をしているはずです。

 

それがうまく行っているとしたら、開発した商品がとても高品質なもので価値の高いものだからでしょう。

 

そうでなければ、かなり活動する範囲が狭いはずです。

 

逆に言うと、一人で出来る範囲ですので、収入もあまり安定していないかもしれないですね。

 

軸をつくる理由

会社員であれば、会社の命令で、部署異動もあるので、色々やる機会もあると思います。

 

ですが、個人の起業家が何でもやることは危険です。

 

体は一つですから。

 

それよりも、もっと重要なことがあります。

 

それは、あなたを選ぶ理由がなくなるということです。

 

何でもこなすオールマイティなコーチやコンサルより、専門的なコーチ、コンサルの方をお客様は選ぶはずです。

 

英語の教員免許を持っているけど、今まで教えたことのない先生が開く英語塾よりも、ずっと英語を教えて来た先生が作る英語塾を選ぶ可能性が高いのと同じです。

 

広く浅くよりも、狭く深い人であればあるほど、専門性が増します。

 

そして、専門家の言葉だからこそ「私のこと?」「俺のこと?」とお客様に響くのです。

 

この人に悩みを相談しようとか、解決してもらいたいと思ってもらえるようになるのです。

 

そのため、起業家が稼ぐためにはこの専門性、つまり「軸」が必要となります。

 

あなたを選んでもらいために、「軸」をつくるのです。

 

軸=見込み客

軸があることで、あなたのビジネスにはしっかりと土台が出来上がります。

 

あなたは何をする人なのかが明確になるからです。

 

この軸は、ポジショニングでもあります。

 

ポジショニングは、誰に何を提供するのか?

 

あなたは、どの立ち位置でナンバー1を目指すのか?

 

これらがポジショニングです。

 

そして、このポジションを決めるのが、「軸」になります。

 

つまり、あなたの専門性。

 

さらに言うと、あなたがもっているスキルのことです。

 

あなたのスキルは何を解決出来るのか?

 

「○○を解決出来る」

 

これがあなたの専門性であり、ビジネスの軸なのです。

 

そして、この軸が必要な人が集まってきます。

 

それが「見込み客」になるのです。

 

軸を必要としている人たちが、その軸によって悩みを解決したいと集まってくるのです。

 

でもそこには、様々な壁があります。

 

性能や効果、費用など様々な問題があり、すんなり解決して!とはいきません。

 

だから、将来クライアントになる見込みのある人ということで「見込み客」なのです。

 

見込み客のペルソナ設定とは

あなたの軸に集まる人が見込み客ですが、軸に集まらない人は、見込み客ではありません。

 

見込み客になる人ならない人

例えば、コーチングというスキルで、40代バツ2男性を再婚させることを軸にしたとします。

 

この人には、40代バツ2男性のうち誰が見込み客になるでしょうか?

 

当然再婚したい人ですね。

 

再婚したくない人は、見込み客にはなりません。

 

ですから、あなたの軸には集まらないことになります。

 

どんな人に来て欲しい?

では、40代バツ2男性で再婚したい人があなたのもとに来たとします。

 

そのとき、あなたのもとに来たひとはどんな人ですか?

 

つまり、あなたが思い描く見込み客を想定するのです。

 

あなたが来て欲しい見込み客を想定すると、そういう人が来てくれるようになります。

 

例えば、どこに勤めていて、役職はなにか、子供は何人で何歳、離婚した理由は、親は健在か、経済状況はなどを想定するのです。

 

そうすることで、その人が具体的にどういう経緯でそのような悩みを持ったのか、そして、それを解決したいと思っているのかを想定しやすくなるのです。

 

ペルソナ設定をする理由

つまり、見込み客をペルソナ設定することで、具体的にどんな人にあなたの記事を提供すればいいのかが明確になります。

 

さらに、ここが重要ですが、見込み客に刺さり「自分のこと?」と思ってくれるようになるのです。

 

この「自分のこと?」と思ってくれた見込み客は、あなたのファンになります。

 

自分のためにこのブログはあるのか?と錯覚してしまうほどになります。

 

ですから、ペルソナを設定する理由は、突き詰めると、あなたのファンになってもらうためなのです。

 

ペルソナ設定によって、見込み客の心に訴えられるようになります。

 

いかがでしょうか?

 

ペルソナ設定するからこそ、あなたのブログに見込み客が来てくれるようになるのです。

 

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

『Web集客の正しい始め方』無料メール講座

12日間無料講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です