稼いでいる個人起業家は高額商品を売っている

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家の方が稼ぐには、「高額商品」が必要です。

 

ですが、お金のブロックがあるうちは、高額商品を売ることはもちろん、作ることさえ出来ません。

 

罪悪感や怪しい人に思われたくないという心理から来るものですね。

 

ですが、個人起業家で稼いでいる人たちは、間違いなく、「高額商品」を作って、売っています

 

この人たちは、怪しい人に思われるどころか、お客様から感謝されています。

 

これは真実です。

 

ですので、個人起業家として稼ぎたいのならば、この真実をまずは認めるところからです。

 

そこで今回は、稼いでいる個人起業家は、高額商品を売っているということについてお話していこうと思います。

 

【参考記事】

高額商品を売るという考え方とその方法

高額商品を売るコツは高額と思わないこと

高額商品が売れるようになる秘策

 

稼いでいる個人起業家はなぜ高額商品を売るのか

稼げている個人起業家は、なぜ高額商品を売っているのでしょうか?

 

それは、稼ぐために必要だからです。

 

しかも、効率よく稼ぐために必要だからです。

 

そもそも高額商品とはいくらの商品なのか

稼ぐために高額商品を売るといっても、あいまいだと思います。

 

高額商品と言っても、ピンキリじゃないのか?

 

と思う人もいるかと思います。

 

では、私が言っている高額商品とは、いったいいくらのものを指しているのでしょうか?

 

それは、価値によって変わってきますが、ほとんどは、30万円以上のものを指しています。

 

場合によっては、15万円以上のものも高額商品とすることもありますが、高額商品という場合は、30万円以上のものです。

 

高額商品の価格の定義

実は、30万円以上としているのには理由があります。

 

その理由とは、「効率化」のためです。

 

一カ月にいくら稼ぎたいのかという目標から逆算したときに、いくらの商品なら効率よく、かつ安定的に稼げるのかという考えから導くためです。

 

このことは、毎月獲得できる人数にも関わってきます。

 

ネット集客の仕組が出来上がってきても、それが安定するにはやはり時間はかかります。

 

ですので、毎月1人はクライアントを獲得できるように目標設定します。

 

そこで、まずは、月収30万円を目標にすることからはじめていくことが多いので、商品単価は30万円なのです。

 

月収50万円が目標なら、商品単価を50万円にするという感じです。

 

このように、目標月収からの逆算によって、商品単価も決めていくという考え方なのです。

 

ちなみに、私のクライアントには、基本的には、商品単価60万円の商品をつくってもらっています。

 

最初は、月収60万円を目標にしてもらいますが、仕組が安定してきて、クライアントを2人獲得できるようになれば、月収100万円を軽く超えるようになるからです。

 

60万円であれば、多少値引きをしたとしても、2人獲得できれば、月収100万円は達成できるくらいの余裕をもたせているのです。

 

月に10人も20人もお客様を集めることなく、たった2人獲得できれば、100万円という月収を軽く達成できるようになるのです。

 

これが、「効率化」ということの意味です。

 

高額商品をなぜ売るのか

スキルをお金に変えることのできない、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家は、1回数千円~1万円程度のセッションをすることで稼ごうとしています。

 

ですから、多くのお客様に来てもらわないことには、稼げません。

 

資格を取得したスクールや塾などの講師の先生たちも、同じようなスタイルで稼いでいますが、講師料でいくらかは稼いでいるのだと思います。

 

だからと言って、そういう先生方にしても、月収30万円いくかいかないかではないでしょうか?

 

60分5,000円のセッションがメインで、30万円稼ぐには、1カ月に60人のお客様を獲得しなければいけません。

 

休みなく働いて、1日に2人のペースです。

 

これは、かなり大変です。

 

月収30万円を稼ぐだけでも、単発セッションだけですと、毎月60人のお客様を集めなければなりませんね。

 

ですが、商品単価30万円の高額商品を1人に売ることが出来れば、それで30万円です。

 

たった1人お客様を集めることが出来れば、月収30万円を達成できるのです。

 

60人と1人。

 

どちらがあなたはいいですか?

 

もちろん、1人ですよね?

 

稼げている個人起業家は、このことをしっかり理解しているので、高額商品をつくって、売っているのですよ。

 

このことは、単に効率よいということだけではなく、とても重要な要素があります。

 

それは、クライアントに手厚いサポートができるということなのです。

 

これは、とても重要ですよ。

 

60人と1人。

 

どちらが手厚いサポートができますか?

 

当然、後者ですよね?

 

だから、クライアントにしっかり寄り添いながら、全身全霊、力を尽くすことができるのです。

 

ですので、高額商品というのは、価値の高い商品となるのです。

 

単に、お金儲けのために、単純に高い金額をつけているわけではありませんよ。

 

その点をどうか勘違いされないようにお願いします。

 

稼げていない起業家が高額商品を売るためには

稼げている起業家は、高額商品をつくり、それを売っています。

 

これは、高額商品を作れるから、高額商品を売れるから、稼げているという理屈になります。

 

とするならば、今稼げていない個人起業家は、この2つが出来れば稼げるようになるということですよ。

 

つまり、

 

  • 高額商品を作れる
  • 高額商品を売れる

 

この2つが出来れば、稼げるようになるということなのです。

 

ですが、これらができないから、稼げていないわけですね。

 

では、どうすれば、高額商品をつくって、売ることができるのでしょうか?

 

お金のブロックを外す

高額商品に対する価値観を変えない限り、作ることも、売ることもできません。

 

つまり、お金のブロックを外さない限りは、稼げないということです。

 

毎月60人集めても、30万円しか稼げないのです。

 

それ以上稼ぎたくても物理的に無理だと思います。

 

しかも、毎月60人を集められるようになるのはいつなのでしょうか?

 

恐らく分かりませんね。

 

よくて30人くらいではないでしょうか?

 

そうしたら、せいぜい月収15万円くらいが限界です。

 

それ以上は、どう頑張っても伸びないですよ。

 

しかも、毎日疲れ切って、自由はどこへ行ったの?

 

と、理想と現実のギャップに落ち込むことになりかねません。

 

だからこそ、それを解決するためにも、「お金のブロック」を外さなければ、理想とする未来はこないのです。

 

お金に対する考え方を変えない限りは、目標とする月収は得ることが出来ないのです。

 

クライアントが望む価値を提供する

お金のブロックを外すことで、クライアントの深い悩みを解決できる商品を作れるようになります。

 

そのため、クライアントが望む理想の未来へ連れていくことが出来るようになるのです。

 

ですから、クライアントが望む未来を叶えられる商品を作って売ることが出来れば、稼げるようになるということですよ。

 

そういう商品こそが、クライアントにとっての必要な商品なのですから。

 

つまり、クライアントにとって、価値ある商品というわけです。

 

これを提供することで、稼げるようになっていきます。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、稼げている個人起業家は、高額商品を売っているということについてお話してきました。

 

高額商品というと、怪しいイメージが付きまといますが、それは本質を理解していないからです。

 

高額商品は、クライアントの深い悩みを解決できるものであるからこそ、高額なのです。

 

そのために、クライアントに時間も手間もしっかりかけられるサポートをしなければならないのです。

 

片手間に理想の未来に連れていくことなんて出来ないのですから。

 

このことをしっかり理解していただき、クライアントに親身になって寄り添える起業家となり、稼げる起業家になっていただきたいですね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

メルマガ登録

【完全無料】1日30PV集めるだけで安定的にクライアントを獲得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です