心に突き刺さるWebライティングって?

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家の方は、心に突き刺さるライティングが出来ていますか?

 

ここ数年、Webライティング講座というものが流行っています。

 

私のコンサルサポートでも、ブログの書き方を通じて、Webライティングを教えています。

 

では、Webライティングって何でしょうね?

 

Webライティングとは、基本的に、ブログやホームページの書き方がメインとなるものです。

 

Webライターというような仕事を目指している人に人気のスキルですね。

 

「WEBライティング技能検定」なんていう資格もあるようですよ。

 

こういう資格があると、ランサーズのような、クラウドソーシングからの仕事の受注が取りやすいんでしょうね。

 

Webライティング講座のその先に、「独立」とか「稼ぎましょう」というコピーがある場合は、ほとんどが、このランサーズのようなクラウドサービスで仕事を受注して稼ぐというものです。

 

これはこれで、最初の段階としてはいいと思います。

 

ですが、ほとんどの人は、それ以上の稼ぎ方を教えてもらえないので、いつまでも苦労します。

 

順調に仕事がとれればいいですけど、そうじゃなければ、稼げないことになってしまいます。

 

ですので、稼ぐことを考えたときには、安易にWebライティング講座を受けることはお勧めできません。

 

きちんと、Webライティング⇒稼ぎ方を教えてくれるところをお勧めします。

 

と、少し話がズレてしまいましたが、おすすめのWebライティング講座の話ではなく、Webライティング講座の内容として、最近、「心に突き刺さるWebライティング」というものがあります。

 

ですが、ここだけをクローズアップして、本当に突き刺さる記事が書けるようになるのか?という疑問が湧きます。

 

そこで今回は、Webライティング講座のようなところで、心に突き刺さるWebライティングって本当に書けるようになるのか?ということをテーマにお届けしていこうと思います。

 

【参考記事】
ライティングスキルを学んでもブログは書けない
集客だけを学んでも稼げない理由
集客やセールスを学んでも稼げない理由

 

記事を「うまく書きたがる」稼げない起業家

あなたは、Webライティングを習って、ブログやホームページをうまく書けるようになりたいですか?

 

そう聞かれたら、多分、うまく書けるようになりたいですよね?

 

ですが、稼げていない起業家ほど、うまく書けるようになりたいと思っている傾向が強いです。

 

稼げている起業家は、うまく書けるようになりたいとは思っていません。

 

なぜでしょうか?

 

それは、うまく書けている記事が、本当に困っている読者に寄り添える記事ではないと分かっているからです。

 

うまく書かれている記事は、テクニックでなんとでもなります。

 

言い方を変えれば、誰でも、うまく書けるのです。

 

その方法こそが、Webライティング講座のようなところで習うということです。

 

しかし!

 

うまく記事を書けたとしても、本当に困っている人に「感動」を与えることは難しいのですよ。

 

うまく記事を書くというのは、ある意味、自分よがりな記事とも言えます。

 

日記や趣味ブログのような自分目線で書くものであれば、それでもいいでしょう。

 

ですが、集客に関しては、自分よがり、自分目線では、お客様は来てくれません。

 

Webライティングを習うことは、基本を身につける意味においてはいいとは思いますが、果たして、お客様目線、読者目線で書けるようになるのかどうか?

 

形だけをかっこよく見せるのが、いわゆる「テクニック」と呼ばれるものです。

 

うまく書けている記事と言うのは、型にはまった、テクニックを用いた記事になっていることが多いです。

 

わざとらしい書き方だったりします。

 

ここで感動させようとか、計算された構成だったりします。

 

その決め台詞も決まっていたりします。

 

そんな書き方を習っても、お客様には、見抜かれます。

 

何が見抜かれるのか?

 

それは、書いている人の心がこもってないなと。

 

大事なのは、「心」です。

 

書き手の「心」なのです。

 

心を伝えるのに、テクニックはいらないのです。

 

ですが、稼げていない起業家は、「テクニック」とか「ノウハウ」だけが大好きなので、「心」を伝えることを軽視します。

 

だから、形にこだわり、型にはまった、わざとらしい記事しか書けないのですよ。

 

心に突き刺さるWebライティングって何?

Webライティング講座では、うまく記事を書くためのテクニックを習うことが出来ます。

 

ですが、最近、「心に突き刺さる」という修飾語が目立ってきました。

 

提供する側も、分かってきたのかどうかは分かりませんが、いかに「心」を伝えるのが大事なのかということです。

 

しかし!

 

「心」を伝えるのに、テクニックはいりません。

 

結局、Webライティングというテクニックの上にあることです。

 

だから、心に突き刺さるWebライティングを習っても、「心」を伝えるのは難しいと私は思っています。

 

その理由は、「心」はテクニックでは伝えられないからです。

 

「心」はその人そのものです。

 

その人が素のままで伝えるからこそ、「心」を伝えることが出来ます。

 

これしかないと私は思っています。

 

素のままで伝えるのに、上手も下手もないのですよ。

 

全てが、その人なのですから。

 

素のままで伝えるからこそ、心が伝わり、そこに共感してくれるのです。

 

そして、感情が動かされ、「感動」を受け取れるのです。

 

感動する映画やドラマでも、役者さんが役になり切るからこそ、その役の人となって、「心」を伝えているわけです。

 

だから感動しますよね?

 

逆に、役になり切れない役者さんが伝えたところで、「心」が伝わらないので、なんか白けてしまうということも多いと思います。

 

それくらい、「心」を伝えるのは、その人にしか出来ないことなのです。

 

 

心に突き刺さるメッセージは、書き手が「心」を伝えるから、突き刺さるのです。

 

この伝え方は、人それぞれです。

 

そこにテクニックが入る余地はありません。

 

「その人」にしか出せないものだからです。

 

口下手な人でも、流暢に話が出来る人でも、その人自身が自分の「心」を伝えない限り、心に突き刺さるメッセージは届けられないのです。

 

ですから、ブログやホームページをうまく書く必要はないのです。

 

下手なら下手のままでいいのです。

 

それよりも、読者の「心に突き刺さる」ように書いてください。

 

つまり、あなた自身の「心」を伝えてくださいということです。

 

それが、とても価値のあることだからですよ。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、心に突き刺さるWebライティングって?というテーマでお話してきました。

 

勘違いしないようにお伝えしておきますが、Webライティング講座がダメと言っているわけではありません。

 

基本的なスキルを身につけるのは大事なことですし、必要なことです。

 

ですが、それだけで、稼げるようになるということではないということです。

 

稼げるようになるには、「心」を伝えることが大事だからです。

 

テクニックに任せた、”誰にでも通用する”というような「心に突き刺さる」講座には気を付けたほうがいいですよということです。

 

そんなのを習うよりは、いかに自分をさらけ出して記事を書くのかということに集中してください。

 

それが、稼ぐための第一歩ですからね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

『集客システム構築』無料メール講座

12日間無料講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です