口下手でコミュ障でもセールスで成功できる秘訣

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家の方は、セールスが苦手だという人が多いですね。

 

そもそも、口下手でコミュ障だから・・・

 

そんな理由で、セールスが苦手だと思っている人がとても多いです。

 

そのために、起業は無理とあきらめてしまう人もいます。

 

とてももったいないことです。

 

ですが、セールスが苦手と思っている人は、ある大きな勘違いをしています。

 

それは、何でしょうか?

 

それは、「セールスはガンガン攻めないといけない」という点です。

 

話し方も流暢でなければならない、断られても、売れるまでは、なんとかあの手この手でガンガン売りつけないといけない。

 

セールスというと、このようなイメージを抱きます。

 

それは、大きな勘違いですよ!

 

そんな考え方をしているから、いつまでも稼げないのですよ。

 

そこで今回は、口下手でもセールスで成功する秘訣というテーマでお届けしていこうと思います。

 

【参考記事】
集客やセールスを学んでも稼げない理由
マーケティング力を上げればセールスは成功する
「セールスが苦手」だから売れないという誤解

 

口下手ってコミュ障なのか?

私は、はっきり言って口下手です。

 

コミュ障です。

 

一般的にいえば、そうなります。

 

ですが、コミュニケーションの本質を知っているので、コミュ障ではありません。

 

多くの人は、コミュ障というと、みんなと会話するのが苦手、みんなの輪に入っていけないなど、「会話」をベースにしています。

 

しかし、コミュ障、いわゆるコミュニケーション障害とは、そういうことではありません。

 

まずは、ここを理解してください。

 

コミュニケーションとは、双方の意思疎通のことです。

 

意思疎通を図るための手段の1つが「会話」です。

 

口で伝える、文字で伝える、絵で伝える、音楽で伝える、感性で伝える・・・

 

伝え方は、様々です。

 

伝え方は、1つではありません。

 

逆にいえば、意思疎通が出来れば、手段はなんでもいいのですよ。

 

それがコミュニケーションの本質です。

 

私は、口で伝えるのは苦手ですが、文字で伝えるのが得意です。

 

これは、コミュ障ではありません。

 

口で伝えるのが下手なだけです。

 

人は、得手不得手がありますからね。

 

ですから、コミュ障とは、双方の意思疎通が出来ない状態であり、つまり、相手の言うことをきちんと聞かない、言いたいことだけ一歩的にいう。

 

こういう人をコミュ障と呼んでいるのです。

 

分かりますか?

 

この違い。

 

なので、単に口下手だからと言って、コミュ障とは限りません。

 

ですから、自分をコミュ障と思っている人は、相手との意思疎通が出来ているのか、今一度確認してみてください。

 

そして、きちんと、どんな手段であっても、相手と意思疎通が出来ているのなら、それでいいのです。

 

コミュ障と思うのはやめましょう。

 

口下手であっても売れるセールスの真実

コミュニケーションの本質は、相手との意思疎通が出来るかどうかです。

 

そのための手段である口で伝えるのが苦手だからといって、自分を責める必要はありません。

 

口で伝えるのが苦手であっても、セールスとは全く関係ないのですから。

 

なぜ、関係ないのか?

 

それは、セールスは、流暢にしゃべることでも、相手を脅して、売りつけることでもないからです。

 

セールスは、人と人との信頼関係のもとに成り立つものです。

 

信頼関係は、コミュニケーションが何よりも重要になります。

 

お客様の悩みをしっかり受け止め、寄り添いながら、どうすればいい方向に進めるのかをアドバイスするためには、「コミュニケーション」がないと実現出来ないからです。

 

コミュニケーションは、双方の意思疎通でしたね。

 

自分と相手、お互いがお互いの言っていることをきちんと受け止め、理解し、尊重する。

 

悩みを解決するには、お客様の心の声を聞けなければ、うまくいくわけがないのです。

 

勝手な思い込みや勝手な判断で進めていたのでは、お客様が望む本当の未来へ連れていくことはできません。

 

だからこそ、コミュニケーションが何よりも大事なのです。

 

ここに、口下手だとかは全く関係ありません。

 

関係するのは、相手の思いを受け入れ、それを理解し、尊重すること。

 

つまり、相手を一人の人間として認めることです。

 

そのためには、まずは、自分自身を信じ、認めていなければなりません。

 

コミュニケーションは、双方の意思疎通の前に、双方の尊敬の念がないと実は、うまくいかないのですよ。

 

ここをないがしろにして、単なるテクニックに頼るから、いつまでも稼げないですし、セールスを誤解したままになってしまうのです。

 

口下手というのは、言い訳です。

 

セールスは、いかに信頼関係を築けるか?

 

これだけですよ。

 

信頼関係が築けるからこそ、体験セッションに来てくれた人に、「一緒にやりますか?」と確認するだけで、「はい、お願いします」となるのです。

 

ここに、流暢な会話も、ガンガン攻めることも全く必要ありません。

 

たどたどしい話し方であっても、しっかりお客様のために、一生懸命尽くそうとする思いが相手に伝われば、いいのです。

 

そして、相手の助けてほしいという思いも、しっかり受け止め、理解し、一緒に進んでいけばいいのです。

 

セールスとは、信頼関係のもとになりたつのですから。

 

セールスが苦手と思っている人は、信頼関係を築けていますか?

 

コミュニケーションは、ちゃんと出来ていますか?

 

相手の思いをしっかり受け止めていますか?

 

セールスは、テクニックではありません。

 

真心です。

 

相手を敬う心です。

 

この人を絶対に幸せにするのだという「愛」です。

 

愛をもてる起業家になれば、テクニックなど、全く関係ないことに気づくことでしょう。

 

それこそが、口下手でも売れるセールスが出来るようになる秘訣なのです。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、口下手でコミュ障でもセールスで成功できる秘訣についてお話してきました。

 

口下手をコンプレックスに思っているなら、まったく見当違いをしていますよ。

 

口下手なら、口下手のままでいいのです。

 

起業で成功するのは、そこじゃないからです。

 

口下手でも、成功している人はたくさんいます。

 

口下手で稼げないというのなら、それは、稼げないのを口下手のせいにしているだけです。

 

そこに気づいてくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です