ブログ記事の「行動しないの壁」を攻略する方法

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

ブログからメルマガ登録までの3つの壁について、これまで、「読まないの壁」「信じないの壁」の攻略方法をお伝えしてきました。

ブログ記事の「読まないの壁」を攻略する方法

ブログ記事の「信じないの壁」を攻略する方法

 

読まないの壁は、「共感」「問題提起」で攻略し、信じないの壁は、「核心に迫った解決案の提示」「根拠、理由」で攻略するということでした。

 

実は、この2つの壁を攻略する目的には、ある前提条件があるのです。

 

それは何でしょうか?

 

思い出していただきたいのですが、人が行動するきっかけとなるのは、何でしたでしょうか?

 

そうです。

 

痛みから逃れたい

快楽を得たい

 

この2つのいずれかでしたね。

 

人は、悩みなどの痛みから逃れたいために、行動します。

 

快楽を得たいために行動します。

 

そして行動するには、何が必要でしたでしょうか?

 

それは、「情報」でしたね。

 

つまり、ブログ記事は、この情報にあたるものなのです。

 

検索者が悩みを解決したいと思い、検索します。

 

快楽を得たいと思って検索します。

 

そこで情報を入手するわけです。

 

その情報こそが、ブログ記事であり、その記事を読んでもらうことで、その先の悩みの解決や快楽を得るために、「行動」するのです。

 

つまり、3つの壁の最後の難敵、ラスボスである「行動しないの壁」は、ブログそのもののあり方から、攻略が始まっているのです。

 

どういうことかというと、痛みから逃れたいための情報を提供する、快楽を得るための情報を提供するという前提こそがブログのあり方であり、だからこそ、読まないの壁、信じないの壁の攻略が必要になるということなのです。

 

ということを踏まえて今回は、3つの壁を打ち砕くクライマックスとして、「行動しないの壁」の攻略方法についてお話していきたいと思います。

 

【参考記事】

ブログからメルマガ登録までの3つの壁

ブログ記事の「読まないの壁」を攻略する方法

ブログ記事の「信じないの壁」を攻略する方法

 

「行動しないの壁」という敵を知る

行動しないの壁は、検索者が痛みから逃れたい、快楽を得たいという行動につながる、その先にブログ記事がない限り、いつまでも立ちはだかります。

 

読まないの壁、信じないの壁を打ち砕いても、行動しないの壁はびくともしません。

 

なぜなのでしょうか?

 

なぜ行動しないのか?

検索者は、そもそも行動したいと思っています。

 

深い悩みを持った検索者は、その痛みから逃れたいがために、なんとかその方法を知り、行動したいと思っています。

 

それが、メルマガ登録なのか、商品の購入なのかは、この時点では分かっていないかもしれません。

 

ですが、何かしら、痛みから逃れたいと思っているのです。

 

この前提条件を知らない人がほとんどです。

 

痛みから逃れるための情報を提供する。

 

快楽を得るための情報を提供する。

 

困っている人を助けることの第一歩は、これらの情報を提供することなのです。

 

そのために、検索者に共感し、問題提起をして、読んでもらい、

 

悩みを解決するための案を詳しく提示し、その根拠や理由も明確に伝えるのです。

 

そして、これなら悩みが解決するかもしれない、快楽が得られるかもしれないと思ってもらえるのです。

 

しかし!

 

ほとんどの記事は、行動できないようにしてしまっているのです。

 

つまり、記事で完結してしまって、メルマガの必要性が分からないまま、戻ってしまうのです。

 

行動したくても、できない。

 

記事を読んで、満足してしまった。

 

あるいは、満足できず、別な記事に行ってしまった。

 

このようにして、行動しないの壁が強大化してしまい、メルマガ登録は夢のまた夢となっていくのです。

 

「行動しないの壁」の弱点

では、行動しないの壁の弱点とは何でしょうか?

 

ズバリ、必要性です。

 

検索者にとって、必要と分かれば、行動します。

 

悩みを解決するために「必要」なものと分かれば、行動してくれるのです。

 

快楽を得るために「必要」なものと分かれば、行動してくれるのです。

 

つまり、検索者にとって必要なものがここにありますよという道筋を与えて上げることなのです。

 

これこそが、「行動しないの壁」の弱点なのです。

 

なぜなら、人は自分にとって必要ならば、行動するからです。

 

そして、緊急性の高い「必要」なものであればあるほど、すぐ「行動」してくれるのです。

 

「行動しないの壁」の攻略方法

検索者にとって必要なものであれば、行動してくれます。

 

では、どうすれば必要だと思ってくれるのでしょうか?

 

ここがラスボスを倒すための最重要ミッションです。

 

そのミッションとは、「効果」と「誘導」です。

 

攻略方法1.効果

効果とは、未来のことです。

 

つまり、深い悩みをもった人がどのように変わるのかを示すことです。

 

痛みから逃れたいと思っていても、どのように逃れたいのか分からないことも多いです。

 

そして、どうなるのかも分からないことが多いのです。

 

ですから、検索者がメルマガに登録すると、どう変わるのかを示してあげるのです。

 

それを示すことによって、検索者は、それがほしいと思うようになります。

 

「必要」と思うようになります。

 

メルマガ登録することのメリット、効果を伝えることで、検索者の行動したいという気持ちを掻き立てるのです。

 

ですが、注意することがあります。

 

それは、効果を検索者が望んでいることなのかどうかです。

 

その効果を望んでいなければ、検索者の悩みとブログ記事とメルマガで伝えようとしている内容がズレている可能性があります。

 

たとえば、検索者が起業して月収100万円稼げるようになりたいと思って検索していて、ブログ記事も月収100万円稼げるための方法を伝えています。

 

しかし、メルマガは、アフィリエイトで月収10万円稼ぐ方法だったとしたら、ズレていますよね?

 

この例は極端かもしれませんが、意外とズレているケースが多いです。

 

この場合、メルマガもアフィリエイトに限らず、起業家として月収100万円を稼ぐ方法であるべきですね。

 

検索者の悩みと理想の未来と、ブログ記事、メルマガは一貫していることが大事です。

 

攻略方法2.誘導

では、どうやって、メリットや効果を伝えるのかです。

 

それが、「誘導」です。

 

ブログのサイドバーにメルマガ登録用のバナーを作成することも誘導のひとつです。

 

バナーにメリットや効果を書く事で、伝えることができます。

 

さらに、バナーをクリックした先のランディングページに誘導し、そこで詳しく伝えるということもできます。

 

私のメルマガは、まさしくこの方法です。

 

そして、特に重要なのが、記事の先頭もしくは、記事の終わりに誘導文またはバナーで伝えることです。

 

記事を読み終わった人が、関連記事や新着記事を読もうかと思い、画面を下にスクロールしたところで、メルマガ誘導のバナーがあれば、行動しやすくなります。

 

このしくみをCTA(コールトゥーアクション)と呼んでいます。

 

アクション、つまり行動させるためのしくみということです。

 

このように、誘導するためのしくみも重要です。

 

これで、検索してきた人が、ブログ記事を

 

「読み」

「信じ」

「行動する」

 

のです。

 

ブログからメルマガ登録までの導線ができるのです。

 

いかがでしょうか?

 

検索者が痛みから逃れるため、快楽を得るためにブログがあります。

 

そして、実際にそれを実現するためには、メルマガに登録する必要があるのだという必要性を伝えることです。

 

必要性を伝えるには、検索者が望む未来を提示することです。

 

つまり、メルマガを読むことで得られる効果を伝えるのです。

 

さらに、メルマガに登録してもらったあとも、同様に、読まないの壁、信じないの壁を打ち砕きながら、商品購入という行動へと導いていくのです。

 

基本はブログもメルマガも同じです。

 

ぜひ、3つの壁を打ち砕き、メルマガ登録してもらえるようにしていきましょう。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

ビハインド・ウィン 村上昭夫
ビハインド・ウィン 村上昭夫ネット集客コンサルタント
稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような起業家の方を専門に、稼げるネット集客の仕組みづくりをサポート。

仙台を拠点に活動している、
ネット集客コンサルタント
ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

『Web集客の正しい始め方』無料メール講座

12日間無料講座は、
こちらから登録できます。
↓↓

今なら、
以下の特典をお付けしています。

特典)
・個人起業家が
 月収100万円稼ぐためのカラクリ
・ネット集客の全体図
・WordPressの設置マニュアル
・WordPressの使い方マニュアル
・無料体験セッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です