ビジネスがうまくいかないときに見直す5つのポイント

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家の方は、ビジネスがうまくいってない状態だと思います。

 

ビジネスがうまくいっていない原因は、何でしょうか?

 

集客ができないから?

 

セールスが出来ないから?

 

高額商品が売れないから?

 

色々あると思います。

 

ですが、多くの稼げていない起業家は、どこが原因かを分かっていません。知ろうともしません。

 

数ある原因をひとつにまとめて、「稼げない」と嘆いてばかりです。

 

これでは、うまくいくものもうまくいきませんよね。

 

ビジネスがうまくいかない場合、ある個所だけが出来ていないということも多いのです。

 

例えば、ポジショニングを決め、高額商品を作り、ネット集客の仕組も作ってあるのに、いつまでもお客様が来ないということがあります。

 

一見、ネット集客システムとして稼げる仕組みがあるように思えます。

 

しかし、お客様がいつまでも来ないという結果には、必ず原因があるのです。

 

どんな原因なのでしょうか?

 

もしかしたら、ポジショニングがズレているのかもしれません。

 

また、安定的にクライアントを呼び込むビジネスモデルが出来ていないのかもしれません。

 

さらに、お金のブロックがあるために、体験セッションで罪悪感を感じてしまって契約してもらえないのかもしれません。

 

このように、原因は様々考えられるのです。

 

それらをつぶしていってこそ、本当の稼げるネット集客システムができあがるのです。

 

そこで今回は、ビジネスがうまくいかないときには、どこを見直せばいいのか、その見直すべき5つのチェックポイントについてお伝えしていこうと思います。

 

ただ稼げないと嘆くばかりでなく、どこを改善すれば稼げるようになるのかにフォーカスしてみてください。

 

【参考記事】

ビジネスは今できることをお金に変えること

ビジネスを成功させるたった1つの方法

クライアント獲得を安定させるビジネスモデル

 

なぜ、あなたのビジネスはうまくいかないのか

そもそも、なぜ、あなたのビジネスはうまくいっていないのか?

 

その原因が分かれば、そこを改善することでビジネスがうまくいくようになります。

 

では、どんな原因が考えられるのでしょうか?

 

それは大きく2つあると思っています。

 

ビジネスの目標が高すぎる

まず1つ目は、ビジネスの目標が高すぎるということが挙げられます。

 

例えば、儲けよりも、お客様に喜んでもらうことに価値をおいている起業家は、お客様に貢献できれば、1回5000円のセッションが出来るだけで、ビジネスがうまくいっていると思うことでしょう。

 

しかし、年収1億円稼ぐことを目標にしている起業家にしてみれば、年収1億円いかなければ、ビジネスがうまくいかないということにもなります。

 

ですから、ビジネスがうまくいく、うまくいかないというのは、その人の捉え方次第ということでもあります。

 

あなたのビジネスがうまくいかないのは、ビジネスに対する目標が高すぎるのかもしれません。

 

これまで月収0円の人は、いきなり月収100万円稼ぐことはかなり難しいはずです。

 

ですが、多くの月収0円の稼げていない起業家は、いきなり月収100万円を目指してしまいます。

 

ビジネスは、段階的に稼げる金額を上げていくのが基本です。

 

月収0円なら、まずは、月収30万円を稼ぐことを目標にする。

 

そして、月収50万円、月収80万円、月収100万円と段階的に稼げるようにしていくことが大事なのです。

 

ですから、まずは、少し上を目指すことからビジネスを始めていけば、ビジネスはうまくいくはずなのです。

 

ビジネスの構造を理解していない

2つ目は、ビジネスの構造を理解していないです。

 

どういうことかというと、ビジネスがうまくいくには、うまくいくための、原理原則があるということです。

 

これを無視してビジネスをしても、うまくいきようがないということです。

 

では、どんな原理原則なのでしょうか?

 

一言で言うなら、「貢献」です。

 

ビジネスをお金儲けと考えている限り、ビジネスがうまくいくことはありません。

 

ビジネスは、相手がいてこそ成り立つものであり、そこには、相手に対する感謝と貢献の気持ちがなければなりません。

 

多くの稼げていない起業家は、この「貢献」の気持ちがほとんどありません。

 

あくまで「自分を満足させる」だけの気持ちでしかないのです。

 

だから、ビジネスがうまくいきません。

 

ビジネスは、この人のために全力を尽くすという貢献の気持ちこそが、成功へと導きます。

 

そのためには、起業家としての「心」が何よりも大事なのです。

 

いわゆる「起業家マインド」ですね。

 

この起業家マインドが欠けていれば、ビジネスがうまくいくことは「ない」のです。

 

ですので、ビジネスでうまくいくには、起業家マインドのもと、この人を絶対に助けるのだ、幸せにしてあげたいという思いでビジネスを組み立てていくことがとても重要になるのです。

 

ビジネスがうまくいかないときに見直すチェックポイント

ビジネスがうまくいかない原因を大きく2つお伝えしてきました。

 

では、次に、あなたのビジネスがうまくいかないときに、どこを見直せばいいのか、そのチェックポイントについて5つほどご紹介しましょう。

 

チェックポイント1.マインドセット

まずは、先ほども触れましたが、「マインドセット」です。

 

貢献する気持ちになれているのか?

 

自分が提供する商品は、この人を助けるために最善のものだという自信があれば、お金のブロックも自然と外れていきます。

 

「高額商品」というイメージだけで、自分は何か悪いことをしているような錯覚を覚える人は、いくら売れる商品をもっていても、売るための集客の仕組を持っていても、お客様に「貢献」することはできません。

 

このマインドがしっかり出来ていなければ、ビジネスは「絶対」にうまくいきません。

 

そう言い切れるくらいに、最重要チェックポイントです。

 

そして、ビジネスの原理原則における、一番土台となるものでもあるのです。

 

自分には、相手に貢献する気持ちがあるのかどうか?

 

ここをまずは、チェックしてみてください。

 

【参考記事】ネット集客成功のためのマインドセット

 

チェックポイント2.ポジショニング

次にチェックするポイントは、「ポジショニング」です。

 

ポジショニングとは、誰に何をするのかを決めることです。

 

「誰に」とは、自分の商品の価値を受け取ってくれる人のことです。

 

つまり、困っている人、助けたい人はどんな人なのかということです。

 

これを決めることを「ターゲット設定」と呼んでいます。

 

ビジネスは、誰でもいいからお客様になって下さいという考え方では、うまくいきません。

 

あくまで、自分が出来ること(スキル)で助けられる人をターゲットにすることです。

 

そして、「何を」については、商品のことです。

 

ターゲットに対して、どんなことが出来るのか、どんな理想の未来へ連れていけるのかを商品として提供することです。

 

これによって、自分は何者なのかを伝えることが出来るようになるわけです。

 

このポジショニングが、ビジネスの原理原則の2番目の土台となるものです。

 

起業家マインドが出来ていればこそ、ポジショニングもしっかり決めることができるのです。

 

ポジショニングは、ビジネスの軸となるものです。

 

この軸を基準に全ては展開されます。

 

ですから、ブログやSNSで伝えていることと、このポジショニングがズレていれば、受け取る人は、混乱してしまいますね。

 

この人はいったい、何を伝えたいの?と。

 

ですので、ポジショニングとブログ、SNSとズレはないかをしっかりチェックしてみましょう。

 

【参考記事】ネット集客成功のためのポジショニング

 

チェックポイント3.ビジネスモデル

3つ目は、ビジネスモデルです。

 

ビジネスモデルは、どのように稼ぐかという、稼ぐ仕組みを表します。

 

例えば、単価30万円の商品をつくり、これを毎月1人に売れれば、それで月収30万円になります。

 

これが30万円を稼ぐ一つのビジネスモデルです。

 

私のコンサルでは、高額商品を作り、これを月に1~2人に売れるような仕組みを作ることを教えています。

 

このモデルを基準にネット集客の仕組化をしていくわけです。

 

ネット集客の仕組は、あくまで、ビジネスモデルを基準としているのです。

 

ですが、多くの稼げていない起業家は、ビジネスモデルを良く考えず、スキルの切り売りだけを考えます。

 

つまり、1回5000円とかの単発セッションのことです。

 

この1回いくらというセッションを増やすことが稼ぐ秘訣だと思っているのです。

 

例えば、こんな感じです。

 

〇〇コーチング 1回60分 5,000円

〇〇コーチング 1回90分 8,000円

〇〇コーチング 1回120分 12,000円

 

スキルの切り売りだけで、月収30万円を稼ぐのはかなり難しいです。

 

このようなラインナップを増やすことが稼げる起業家だと勘違いしているのです。

 

周りを見ても、同じようにしているところが多いため、余計にそうするのが当たり前だと思わされているのです。

 

これでいいのなら別ですが、この方法では、ビジネスは安定しません。

 

そして、自分でもわけがわからなくなってしまいます。

 

ビジネスモデルは、安定的に稼ぐための仕組です。

 

これがない状態で、ブログやSNSで無闇に発信続けていても、疲れるだけですよ。

 

まずは、ビジネスモデルを確立させたほうがいいかもしれません。

 

ビジネスモデルは、ビジネスの原理原則の3番目の土台です。

 

起業家マインド、ポジショニングが出来ていてこそ、稼ぐ仕組みを作ることができます。

 

それが、ビジネスモデルです。

 

【参考記事】ネット集客成功のためのビジネスモデル

 

チェックポイント4.マーケティング

4番目は、マーケティングです。

 

マーケティングは、用語自体有名なので、聞いたことがあるという人も多いと思います。

 

ですが、その本質を理解している人はそう多くはありません。

 

マーケティングとは、教育です。

 

見込み客を自分のファンにさせる。

 

自分に興味を持ってもらい、商品に興味を持ってもらう。

 

そして、自分の悩みをこの人にお金を出してでも解決してもらいたいと思ってもらえるようにしていくための手段なのです。

 

これを実現するための手段として、ブログやSNS、メルマガを使うのです。

 

ブログが書けないという人の多くは、誰に、何のために書くのかをよく理解していないことが多いです。

 

だから「書けない」ということにもなるのですが。

 

そもそも、ブログの役割を知らないからこそ起きることでもあります。

 

ブログの目的は、メルマガに登録してもらうこと。

 

そして、メルマガは、体験セッションに来てもらうこと。

 

ブログで見込み客を呼び込み、メルマガで信頼関係を構築する。

 

この過程こそが「教育」なのです。

 

そのためには、自分が誰に何をしていくのかがしっかり軸として存在していないと、ブログに来ない、来ても読んでくれない、メルマガに登録してくれない、体験セッションに来てくれないということにもなっていくのです。

 

ですので、あなたのブログは、誰に何を伝えているのですか?

 

ここがポジショニングとズレていませんか?

 

ズレているならば、合わせない限りは、いつまでもビジネスはうまくいきません。

 

それくらい、超重要なマーケティングなのです。

 

ですが、マーケティングは、ビジネスの原理原則の土台としては4番目です。

 

超重要ではありますが、それよりも大事なことがマインドであり、ポジショニングであり、ビジネスモデルなのです。

 

この3つが土台としてがっちりしていればこそ、見込み客を教育していくことができるのです。

 

【参考記事】ネット集客成功のためのマーケティング

 

チェックポイント5.セールス

そして最後は、セールスです。

 

セールスは、商品を売る段階のことです。

 

ですが、セールスは、売ることではありません。

 

必要とする人へ差し出すことです。

 

必要としない人へは差し出してはいけません。

 

セールスがうまくいかない人は、商品を売りつけています。

 

人は、売りつけられると逃げてしまいます。

 

「セールスマン」という響きだけで、「怪しい」と思う人も多いです。

 

私もその一人です。

 

そのため、セールスを苦手とする起業家も多いですね。

 

ですが、そういう人たちは、セールスの本質を理解していません。

 

セールスは、商品を売ることではなく、困っている人を助けることです。

 

助けを求めている人を助けることです。

 

幸せになりたいと思っている人を幸せにしてあげることです。

 

これが出来る一番の方法が、「セールス」なのです。

 

セールスがなければ、困っている人を助けることが出来ないのですから。

 

いくらマーケティングで、あなたにお願いしたいと思ったとしても、セールスがうまくいかなければ、結局、お客様は来ないままです。

 

そして、このお客様を助けることもできないのです。

 

これでは、あなたもお客様も不幸になってしまいます。

 

セールスがうまくいかないのは、「商品を売る」ことしか考えていないからです。

 

体験セッションまで来てくれた人に、商品を売ろうとするから断られるのです。

 

そうではなく、体験セッションに来てくれた人が望む未来を見せてあげることが大事なのです。

 

この商品を手に入れることで、悩み苦しんでいることが解消され、理想とする未来にいけるのですよということを伝えてあげることが大事です。

 

そのうえで、この商品が必要ですか?

 

あなたは私に何をしてほしいですか?

 

これらを確認することで、見込み客は「お客様」になってくれることでしょう。

 

セールスは、ビジネスの原理原則の5番目になるものです。

 

つまり、下からマインド、ポジショニング、ビジネスモデル、マーケティング、セールスというピラミッド構造になっています。

 

この5つが、ビジネスの原理原則となるわけです。

 

マインドが出来ていなければ、セールスもうまくいかないことが分かると思います。

 

全ては、土台のもとに成り立っているのですから。

 

【参考記事】ネット集客成功のためのセールス

 

いかがでしょうか?

 

今回は、ビジネスがうまくいかないときに見直すべき5つのポイントについてお話してきました。

 

あなたのビジネスがうまくいかないのは、5つのうち、どこでしょうか?

 

1つだけではないかもしれないですね。

 

ですが、マインドが身についていない起業家がほとんどだと思います。

 

まずは、「貢献」という気持ちをもってビジネスをするところから見直してみてくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

メルマガ登録

【完全無料】1日30PV集めるだけで安定的にクライアントを獲得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です