ゼロの人がクライアントを短期間で獲得するリスク

独立起業

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

ちまたには、「誰でも、簡単に、早く稼げます」というコピーに溢れています。

 

これから起業したいと考えているサラリーマンやOL、主婦の方を対象に、このようなコピーで惹きつけます。

 

また、既に起業して、なかなか稼げず苦しんでいる人にとっても、このようなコピーはとても魅力的なため、「これだ!」とばかりに飛びついてしまいます。

 

ですが、それらのコピーに飛びついて、本当に稼げるようになるのかは、別問題です。

 

ただし、中には、広告という手段を使って、1か月や2カ月という短期間で稼がせるコンサルもいます。

 

ビジネス経験のない、ゼロの人でも短期間で稼がせるコンサルもいることにはいるのです。

 

しかし!

 

それで、本当に安定して、稼げる起業家になるのかといえば、とても疑問です。

 

なぜなら、”起業家マインド”と”クライアントをサポートするスキル”は、1か月や2カ月という短期間では身につかないと思うからです。

 

ビジネス経験がゼロの人、起業しても一向に稼げない人たちは、起業家マインドが身についていません。

 

ましてや、クライアントとのセッションに自信をもてる人もいません。

 

ここを無視して、いきなりクライアントをもっても、クライアントを不幸にしてしまうというリスクがあると私は思うのです。

 

ですから、クライアントを短期間で獲得して、稼ぎたいと思う気持ちは分かりますが、まずは、その土台固めをしっかりすることが重要だと考えます。

 

そこで今回は、クライアントを短期間で獲得するリスクということについてお伝えしていこうと思います。

 

【参考記事】

高額塾に騙されたと思うから稼げない

高額塾に騙された人がやり直す方法

高額塾やコンサルで稼げない本当の理由

 

なぜ、短期間でクライアントを獲得するとリスクがあるのか

私は、少なくとも、これから起業しようと思っているゼロの人が起業して稼げるようになるまでには、6カ月~1年は必要と考えています。

 

また、既に起業している人であっても、稼げていないのなら、根本からやり直したほうが良いと思っています。

 

いずれにしても、ビジネス未経験者、ビジネス初心者がクライアントを獲得する準備が整うまでには、6カ月~1年は必要だと思います。

 

理由は、マインドセットを起業家マインドに書き換える時間が必要だからです。

 

私が教えている「ネット集客システム」が完成するまでには、6カ月くらいはかかります。

 

進み方によっては、1年くらいかかる人もいます。

 

だから6カ月~1年は必要だということではありません。

 

この6カ月~1年の作業を通して、起業家マインドが無理なく身につけられるからなのです。

 

そして、クライアントとセッションをするという自信もついてくるのです。

 

逆に言えば、クライアントをもつ準備が整ったうえで、クライアントを迎えられるようになるということです。

 

これは、安定的にクライアントを獲得するための、ネット集客システムと起業家マインドが出来上がるということです。

 

そのため、自分の商品に自信をもち、クライアントに責任をもち、クライアントを理想の未来に連れていくというマインドセットがもてるようになるのです。

 

ですから、6カ月よりも短期間で、しかも1か月や2カ月でクライアントを獲得できたところで、起業家マインドが出来ていなければ、せっかく契約してくれても、その人を不幸にしてしまう危険があるのです。

 

つまり、自信のない人が、クライアントに対して、責任もって理想の未来に連れていけるのか?ということです。

 

短期間でクライアントを獲得したとしても、精神的にサポートしきれるのか、とてもリスキーなことだと思います。

 

途中で、「ごめんなさい、自分にはサポートできません。」とクライアントに言わないことを祈るばかりです。

 

お金優先ではなく、クライアント優先の重要性

稼げていない起業家や、これから起業しようとしている人たちは、あることが共通しています。

 

それは、「お金優先」になっているということです。

 

誰しも、お金が欲しいです。

 

そのために、起業しようとしているわけですからね。

 

でも、それを第一位にしてしまうと、ビジネスは続きません。

 

皮肉なことですが、それが真実です。

 

ビジネスの目的は、利益を出す、お金を稼ぐことではありません。

 

価値を交換することです。

 

利益を出す、お金を稼ぐということを目的にすると、そこにフォーカスしてしまいます。

 

つまり、お金儲けの手段ばかりに力が入ります。

 

だから、少しでも早く、効率よく稼げる方法が魅力的に感じるのです。

 

そして、稼げればOKとなるわけです。

 

そのあとがスカスカなのです。

 

非常に劣悪なサポートしかないという状態になるのです。

 

ですが、ビジネスの目的が「価値を交換する」ことならば、価値を提供しなければ、価値を受け取れないという視点になれます。

 

なぜなら、「交換する」からですね。

 

交換するからには、何かと何かを交換する必要があります。

 

つまり、商品・サービスとお金です。

 

ですから、お金という価値を受け取るには、商品・サービスという価値を提供しなければいけないということにフォーカスできるのです。

 

そのため、お金優先ではなく、「クライアント優先」になれるのです。

 

既に稼いでいる人にとっては、短期間でクライアントを獲得することは、収入を拡大するためには、必要なことだと思います。

 

そのための起業家マインドも出来ていると思うからです。

 

ですので、そうした人たちには、誰でも簡単に短期間で稼げると言っているコンサルや塾のもとで学ぶことはとても意味があります。

 

それだけの経験と実績を培ってきていると思えるからです。

 

しかし、そうした経験や実績もない人たちが、短期間で結果を出すことは、とてもリスキーなことでもあります。

 

起業家マインドがしっかり出来ている状態であればいいですが、そうではないのなら、あとから痛い目を見る可能性が高くなります。

 

それは、途中でサポートを打ち切る、クライアントからのクレームといったことからの、さらなる自信の喪失としてその身に降りかかって来る可能性があるということです。

 

そうならないためにも、起業家として自信をもって、クライアントのサポートができるようになる準備期間がとても重要です。

 

短期間で稼げたとしても、クレームの嵐、さらなる自信の喪失をしていては、結局長くビジネスを続けていくことが難しくなるのです。

 

こういうことは、なかなか教えてくれないと思います。

 

ほとんどのコンサルは、「結果を出すだけ」にフォーカスしているのですから。

 

「長くビジネスを続けられるようにすること」にフォーカスしていなければ、本当の意味で、稼がせることにはならないと私は思います。

 

ぜひ、そこを理解していただければ嬉しいですね。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、クライアントを短期間で獲得するリスクについてお話してきました。

 

既に実績のある稼げている起業家ならば、短期間でクライアントを獲得出来たほうがいいですが、そうではないのなら、クライアントを持つという準備が出来るまでは、持たないほうがいいと私は思います。

 

クライアントを助けたいと思って起業しようとしても、助ける準備が出来ていないのならば、クライアントを助けるどころではなくなります。

 

クライアントを助けたいと思っているのに、不幸にしてしまいます。

 

ですから、そうならないためにも、しっかりと時間をかけて、自分のペースでクライアントを幸せに出来るようにしたほうがお互い、Win-Winの関係になれるのです。

 

それこそが、クライアントのためでもあるのですよ。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。