”やりたいこと”で起業するときの見えない落とし穴

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家のあなたは、やりたいことで起業したのでしょうか?

 

それとも、お金を稼ぎたかったから起業したのでしょうか?

 

巷には、「やりたいことで起業しよう!」というコピーがあふれています。

 

ですので、これから起業したいと思っている人がこのコピーを見たとき、やりたいことで起業できるなら楽しそうだな、やりがいを持って出来るなという期待を持つのだと思います。

 

あなたが既に起業しているなら、やりたいことで起業できていますか?

 

また、これから起業したいと思っている人は、やりたいことで起業しようと思っていますか?

 

自分がやりたいこと、好きなことを仕事に出来るというのは、とても理想的に思えますね。

 

しかし、これには見えない落とし穴があることを忘れないでいただきたいです。

 

やりたいこと、好きなことで起業するということは、理想的に見えるけれども、落とし穴があるのです。

 

この落とし穴は何かを理解し、それを回避しなければ、やりたいこと、好きなことで起業するのは危険です。

 

そこで今回は、やりたいことで起業することを考えたときに、見えない落とし穴とは何かを知り、それを回避しなければ危険ですよということについてお話していこうと思います。

 

【参考記事】

起業家にとっての使命と義務の違い

起業家がお客様から選ばれない2つの理由

失敗を好む起業家と好まない起業家の違い

 

”やりたいこと”で起業するときの見えない落とし穴とは何か

起業塾やコンサルは、「あなたがやりたいことで起業しましょう」ということを売りにしているところが多いですね。

 

自分が得意なことや好きなこと、やってみたいことなどを洗い出して、それをもとにポジショニングを決め起業する。

 

自分がやりたいことだから、未来は楽しいものになりそうだ!

 

自分がやりたくないことで起業すると続かないし、やはり、自分がやりたいこと、好きなことで起業するのが正しい方向なのだと思う。

 

あなたは、そのようなイメージを持っていますか?

 

そうですね、未来は楽しいものになりそうですね。

 

多分。いや、きっと・・・

 

ですが、それには、落とし穴に落ちないことが前提条件ですよ。

 

その落とし穴に落ちてしまったら地獄が待っているかもしれないのですから。

 

そのためにも、落とし穴とは何かをしっかり理解する必要があります。

 

落とし穴の正体

では、その「落とし穴」の正体とは何でしょうか?

 

いったい、何だと思いますか?

 

それは、「使命」の考慮漏れです。

 

使命を考慮せず、やりたいこと、好きなことで起業したとしたら、落とし穴に落ちてしまいますよとうことなのです。

 

単純に「やりたいこと」「好きなこと」だけでは、起業してもうまくいきません。

 

そこに、「使命」が土台としてあればこそ、「やりたいこと」「好きなこと」が長く続けられるのですから。

 

落とし穴に落ちるとはどういうことか

落とし穴に落ちるとは、つまり、使命を考慮せずに「やりたいこと」「好きなこと」だけで起業することを指しています。

 

では、なぜ使命を考慮せず、「やりたいこと」「好きなこと」だけで起業すると落とし穴に落ちてしまうことになるのでしょうか?

 

その理由は、とても単純なことです。

 

起業家として長く続けられない可能性が高くなるということなのです。

 

つまり、使命を抜きにして起業すると、何のために起業しているのかが分からなくなるからです。

 

起業してすぐに稼げる人はほとんどいません。

 

稼ぐには、稼ぐための努力期間が必ず必要になります。

 

そこには、多くの痛みを伴います。

 

ブログを書いているのにお客様が来ない、メルマガを書いているのに、全然体験セッションに申し込みがないなど、お客様を獲得するまでには、痛みが必ず伴います。

 

この期間に、このような気持ちの変化が訪れます。

 

「いったい、何のために記事を書くの?」

「お客様が来ないのは、自分にスキルがないからだ」

「どうせ、私には、そもそも起業する資格なんてなかったんだ」

「だいそれたことを考えてしまったな」

「そもそも、やりたいことで起業できるっていうからやろうと思っただけだし」

 

このようになってしまったら、あとは、「起業家をやめる」選択をしやすくなると思いませんか?

 

つまり、使命がなくて、単に「やりたいこと」で起業すると、目的を見失ってしまいやすいのです。

 

ですので、痛みに耐えきれず、起業家をやめていくことになるのです。

 

これが、落とし穴に落ちるということです。

 

”やりたいこと”で起業するための落とし穴回避法

やりたいことで起業するためには、落とし穴に落ちないようにすることが重要です。

 

つまり、「使命」を考慮して、やりたいことで起業することが長くビジネスを続ける秘訣でもあります。

 

それが、落とし穴を回避する方法です。

 

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

 

「使命を考慮する」とはどういうことなのでしょうか?

 

落とし穴回避法1.使命に気づくこと

使命を考慮するとは、つまりは、起業する目的を使命に合わせるということなのです。

 

使命は、誰にでもあります。

 

持って生まれた「やるべきこと」。

 

これが使命です。

 

つまり、あなたには、あなたにしか出来ない何かによって、誰かを幸せにする役目を授かっているということです。

 

自分には、そんな大それたものはない!

 

という人が大半だと思いますが、事実そうなのですから、否定しようがありません。

 

ただ単に、使命を意識せず生きていることが日常になっているというだけなのです。

 

ですから、まずは、自分は何をするために生きているのかということに気づく必要があるのです。

 

使命は、義務ではありません。

【関連記事】起業家にとっての使命と義務の違い

 

使命は、誰かを幸せにすることです。そして、自分自身も幸せにすることなのです。

 

義務は、誰かを幸せにすることが出来ても、自分は幸せには出来ません。

 

使命は、尽くせば尽くすほど、心が豊かになります。

 

相手も自分も幸せになるからです。

 

ですが義務は、尽くせば尽くすほど、心が疲弊し、荒んでいきます。

 

相手ばかりが幸せになり、自分はどんどん不幸になっていくからです。

 

ですから、相手も自分も幸せになれるものじゃなければ、本当の意味で喜びに満ちた毎日は来ないのです。

 

そのために、あなたが出来ること。

 

それが「使命」に合わせた起業なのです。

 

落とし穴回避法2.やるべきことをやりたいことにする

使命に合わせた起業をすることは、あなたが自分の使命に気づき、それに基づいて起業することです。

 

あなた自身の使命のために、起業するのですから、それこそが、本来のやりたいことのはずなのです。

 

なぜなら、やればやるほど楽しくなり、充実するからですね。

 

誰でも、楽しいこと、毎日が充実することをしたいはずです。

 

それこそが「やりたいこと」ではないでしょうか?

 

そこには、痛みを痛みと思わない不思議なパワーがあります。

 

むしろ、その痛みすらも喜びに変わっていることでしょう。

 

ですから、使命に気づき、自分がやるべきことをする。

 

これを自分が「やりたいこと」だと気づく。

 

これこそが、落とし穴に落ちない、危険を回避する方法です。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、「やりたいこと」で起業すると、見えない落とし穴がありますよということについてお話してきました。

 

見えない落とし穴とは、「使命の考慮漏れ」でした。

 

ただやりたいこと、好きなことで起業するのは危険です。

 

そのやりたいこと、好きなことは、使命に合わせたものですか?

 

そうではないのなら、いったん立ち止まり、使命に気づくことからやり直してみてください。

 

あなたを起業家として成功させる大きな要因は、使命に合わせたポジショニングになっているかどうかです。

 

そこをぜひ、理解していただきたいですね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です