なぜ少ないアクセスでも集客できるのか

 

こんにちは。
仙台を拠点に活動している
「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家の方は、ブログ集客をするうえで、何を重視していますか?

 

このような質問をすると、たいがいの人は、「アクセス数」と答えます。

 

ですが、稼げている起業家は、違います。

 

稼げている起業家たちは、何を重視するかというと、「成約率」です。

 

アクセス数はある程度必要なのは間違いありませんが、アクセス数を上げることよりも、成約率を上げることに関心があるのです。

 

極端な話、2人体験セッションに来てくれて、2人とも本契約してくれれば、OKなわけです。

 

たとえ、その2人しかブログにアクセスして来ないとしても、本契約してくれれば、アクセス数など関係ないのです。

 

だからこそ、稼げている起業家は、本契約の精度を高めるために、「成約率」にこだわるのです。

 

少ないアクセスでいかに契約してもらうかを考えているわけですね。

 

では、なぜ、少ないアクセスでも契約が出来るのでしょうか?集客できるのでしょうか?

 

そこで今回は、少ないアクセスでも集客できるのはなぜなのか?についてお話していこうと思います。

 

【参考記事】
WordPressブログにアクセスが来ない理由
ブログにアクセスを集めることが集客ではない
アクセスを集めても集客できない理由

 

集客には何が必要なのか?

なぜ、少ないアクセスでも集客できるのでしょうか?

 

それは、集客には、何が必要なのかを考えると見えてきます。

 

集客とは、自分の商品を購入してくれる人を集めることですね。

 

ですから、購入してもらうために、興味付け、信頼構築という段階をへて、ご契約という流れを作るわけです。

 

この流れを作ることが集客です。

 

ということは、集客には何が必要なのかと言われれば、自分の商品に興味を持ってもらうということが必要なのです。

 

ですが、ここで勘違いしないでほしいのですが、多くの人は、「じゃあ、商品の説明をばんばん記事にすればいいんじゃないの?」と思いがちです。

 

これは、逆効果ですので、やめてください。

 

自分の商品の宣伝をすると、売り込み感が強くなり、買ってもらうどころか、離れてしまいますよ。

 

売り込み感のある記事には、敏感ですから、すぐ離脱されてしまいます。

 

じゃあ、どうすれば自分の商品に興味をもってもらえるの?

 

ということですが、それは、自分の商品はこんなところがスゴイです、あんなことも出来ますよという記事ではなく、見込み客の悩みをどう解決してあげればいいのかを記事にするだけです。

 

これによって、見込み客は、この人の記事は、とても役に立つなと感じてくれて、書き手に興味が湧いてきます。

 

書き手に興味がわくということは、書き手の人間性に惹きつけられ、興味をもっていくということです。

 

ですから、やがて、その人間性に惹きつけられ、「この人にお願いしたい」という思いへ変わっていきます。

 

これが信頼構築ですよ。

 

この人なら、私の思いを分かってくれる、悩みを解決してくれるという思いに変わってくるからこそ、信頼関係が作れていくのです。

 

ですので、この人の商品なら安心だと思ってもらえるようになっていくのです。

 

つまり、何が必要なのかと言うと、見込み客の悩みを真摯に受け止め、丁寧に真心をもって解決のお手伝いをすることなのです。

 

これによって、信頼関係が少しずつ構築されていきます。

 

そして、これは、アクセスを集めるだけのキーワードでは、なかなか出来ないのです。

 

なぜでしょうか?

 

なぜ少ないアクセスでも集客できるのか?

アクセスを集めるだけのキーワードとは、関連キーワードなどのことです。

 

アフィリエイトのコンサルたちが教えているキーワード選定のことです。

 

GoogleやYahoo!で、検索窓に何か文字を入れると、それに関連するキーワードが表示されます。

 

また、検索結果の上や下にも関連するキーワードが表示されています。

 

これらは、アクセス回数の多いキーワードを表しています。

 

ですから、アクセスを上げたければ、こうした関連キーワードを選べばいいのです。

 

ですが、そういうキーワードで記事を書くと、ライバルが腐るくらいいます。

 

どの記事がいいのかなんて、読む側も混乱するでしょう。

 

そうなると、あまり印象に残らない記事となりがちです。

 

そして、そもそも上位に表示されるかどうかも分かりませんね。

 

そのため、アクセスを上げることに夢中になると、努力が報われないなんてことになりかねません。

 

そうではなく、アクセスを上げなくても、十分集客できるのですから、そちらに夢中になったほうがいいと思いますよ。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、先ほどもお伝えしましたが、見込み客の悩みに出来る限り寄り添ったキーワードで記事をかけばいいのです。

 

キーワードは、Googleキーワードプランナーに出てくるものがキーワードじゃないですよ。

 

本当に困っている人、悩みが深い人は、キーワードプランナーには出てこない、あるいは、出てきても、月間アクセスが0~10というアクセス数のキーワードで検索しています。

 

これは、真実ですよ。

 

現に、あなたが本当に困っているとき、その悩みをなんとかしたいという強い思いがあるとき、心の声をそのまま検索窓に打ち込んでいませんか?

 

そうです!

 

見込み客が求めているものは、心の声にこたえてくれる記事なのです。

 

そして、このキーワードは、人それぞれですから、アクセス数は、多くはなりえません。

 

ですが、しっかり見込み客の悩みに寄り添った記事を書けるのです。

 

だからこそ、少ないアクセスでも、十分集客ができるのです。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、なぜ少ないアクセスでも集客できるのか?についてお話してきました。

 

キーワード選定は、ブログ集客で一番難しいところです。

 

キーワードの使い方によって、呼び込める見込み客が変わるからです。

 

それくらい、威力をもったものが、「キーワード」です。

 

ですが、逆にいえば、本当に苦しんでいる人に寄り添うという視点でキーワードを考えれば、ライバル不在のブログになるということです。

 

だからこそ、ブログ集客は、アクセスにこだわるのではなく、成約率にこだわるのです。

 

起業家として、本当に苦しんでいる人を助けられるようにブログ集客をしてくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

メルマガ登録

【完全無料】1日30PV集めるだけで安定的にクライアントを獲得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です