『良い商品』を『売れる商品』にするには?

 

こんにちは。

仙台を拠点に活動している

「稼げない起業家専門」ネット集客コンサルタントの村上昭夫です。

 

稼げていないコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、占い師のような個人起業家は、『良い商品』を作ろうとします。

 

一方、稼げている起業家は、『売れる商品』を作ります。

 

稼げていない起業家は、『良い商品』=『売れる商品』だと思っています。

 

一方、稼げている起業家は、『良い商品』≠『売れる商品』だと思っています。

 

あなたは、この違い分かりますか?

 

良い商品は、誰にとって『良い商品』なのでしょうか?

 

必要としない人に、いくらこの商品は「良い商品」ですと伝えても、売れるわけではありません。

 

『良い商品』は、必要とする人が買ってくれるから、『良い商品』になるだけの話です。

 

つまり、

 

「売れる」から、良い商品になるだけなのです。

 

ここを勘違いしている人が多すぎます。

 

そこで今回は、『良い商品』を『売れる商品』にするにはどうすればよいのか?についてお話していこうと思います。

 

【参考記事】

良い商品が売れない理由

「セールスが苦手」だから売れないという誤解

セールス出来ない起業家の思考

 

『良い商品』はなぜ売れないのか?

まず、『良い商品』とは何でしょうか?

 

価値の高い商品でしょうか?

 

高額な商品でしょうか?

 

確かに、そういう要素もあるかと思いますが、重要なのは、誰から見たときの『良い商品』なのかということです。

 

自分は価値ある商品だと思っていても、お客様が『良い商品』だと思うかどうかは、別問題です。

 

お客様が、この商品は役に立つ、助けられたと思ってこその『良い商品』だと思います。

 

しかし、このようなお客様の声を無視して、これを作ればお客様に役に立つだろうという発想から、作り手側の勝手な主観で『良い商品』が作られていきます。

 

ですから、『良い商品』とは、作る側の主観であることが多いのです。

 

だから、売れません。

 

『売れる商品』はなぜ売れるのか?

一方、『売れる商品』とは何でしょうか?

 

文字通り、「売れる商品」ですね。

 

お客様から買ってもらえる商品だから、『売れる商品』なわけです。

 

あなたは、どちらの商品がほしいですか?

 

もちろん、『売れる商品』だと思います。

 

では、『売れる商品』はなぜ売れるのでしょうか?

 

当たり前と言えば当たり前ですが、売れる商品は、お客様が買ってもらえるようにしている商品だから、「売れる」のです。

 

何それ?

 

と思っているかもしれませんね。

 

つまり、『売れる商品』は、お客様にとって、今すぐにでも、お金を出してでもほしいという欲求を形にしたものなのです。

 

だから、売れるのです。

 

『良い商品』を『売れる商品』にするには?

売れる商品は、お客様にとって、お金を出してでも、今すぐほしい、手に入れたいという欲求にこたえるから売れます。

 

ですが、「良い商品」は、このお客様の欲求を無視しているから、売れないのです。

 

では、どうすれば、良い商品を売れる商品にできるのでしょうか?

 

それは、とても簡単なことです。

 

お客様に、「どうすれば買ってくれますか?」

 

このように聞けばいいのです。

 

提示された商品をそのまま受け入れてくれれば、売れる商品になるかもしれませんが、良い商品は、お客様にとって、どこか買うに至らない要素があるのです。

 

例えば、単価30万円で、月2回90分×6カ月、合計12回のセッションで、月収30万円稼げる起業家になれる商品があったとします。

 

起業したいと思っている人に、この商品は『良い商品』のように思えます。

 

ですが、この人は、買ってくれません。

 

どうすれば、買ってくれるのでしょうか?

 

多くの稼げない起業家は、買ってくれなければ、その時点で諦めます。

 

ですが、稼げる起業家は、どうすれば買ってくれるのかを直接お客様に聞くのです。

 

「どうすれば、買ってくれますか?」と。

 

そうすると、お客様は、「回数が少ない」「セッション時間が短い」「価格が高い」などという理由から断ってくるかもしれません。

 

ですので、回数が少ないのであれば、月2回ではなく、4回にします。

 

セッション時間が短いのであれば、120分、あるいは無制限にします。

 

このように、お客様が望む形に変えてあげれば、買ってくれるのです。

 

また、価格が高いというのなら、「いくらなら買ってもらえますか?」と聞けばいいのです。

 

そこで、「15万円なら」、「10万円なら」というのであれば、その価格で売ればいいのです。

 

そのうえで、もし、30万円で買うなら、どういうサポートが必要ですかと聞けば、教えてくれるのです。

 

お客様を獲得できるまでサポートしてくれるなら30万円で買いますと言ってくれたら、そのサポートを付けてあげればいいのです。

 

つまり、稼げる起業家は、良い商品をお客様が望む『売れる商品』に変えているから、稼げているのです。

 

いかがでしょうか?

 

今回は、『良い商品』を『売れる商品』にするにはどうすればいいのかについてお話してきました。

 

いつまでも、自分だけが『良い商品』と思うのではなく、お客様にも『良い商品』と思ってもらえるように、買ってもらえる形に変えていきましょう。

 

つまり、『売れる商品』にしていくということですよ。

 

この良い商品を売れる商品に変える視点こそが、稼げる起業家になる視点でもあります。

 

ぜひ、その視点をもってくださいね。

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫
株式会社ビハインド・ウィン 村上昭夫Web集客コンサル、オンラインサロンプロデューサー
仙台を拠点に活動している、
株式会社ビハインド・ウィン
代表の村上昭夫です。

オンラインサロンオーナーで起業しませんか?

あなたの強みを生かし、
オンラインサロンを開設しませんか?
まずは、詳細をご覧ください。

【無料個別相談】を受けられた方全員に、
オンラインサロンオーナーとして成功するための
3大特典プレゼント中です。

特典1)オンラインサロンオーナーで成功するマインドセット
特典2)会員を集めるためのWeb集客術
特典3)個別アドバイス動画(ZOOM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です